カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
インドから来たバール、タコに出会う
7月15日(土)
ロンドン 晴れ

* タコを見たことも、食べたことも無い、インド人バールの経験 *

バールはインドから来た学生で、情報システムの修士号の勉強をしています。gwenとは、寮内にあるコンピュータールームで出会って以来、とても仲良しのお友達。土曜日はお天気もよかったので、バールは、マーケットへ行こうと思い立ち、2人でボローマーケット(Borough Market)へ出かけました。

* ボローマーケットの詳細についてはこちらの過去のブログから

マーケットでは試食のチーズやら、パンやら、ジャムやら色々とあるので、マーケットをブラブラしながら食べ歩き。野菜などの葉物コーナーには、みずみずしい夏の野菜が所狭しと並び、季節感一杯です。魚介類コーナーも訪れました。
a0055525_748423.jpg
サメなどの興味深い魚がある中、バールはある奇妙な物を見つけました。

a0055525_7474245.jpg
こちら。タコ(octopus、蛸、章魚)。

「これは何かしら、いやねぇ、食べられるのかしらねぇ。」とgwenに質問。「これはタコ(octopus)だよ。日本では普通に食べるよ」との答えに、「これが噂の Σ( ̄□ ̄;)ガビーン」、という雰囲気に(でも表情は変化させず。さすが大人)。「足は何本あるのだろう、毒があるのでしょう、どうやって食べるの?、イカって見たことある?」などの質問を浴びせ、gwenはそれらに答えた後、「今日の夕食に炒め物か、トマトスパゲッティを作ってあげる」と提案しました。バールは日本の食文化を否定しては失礼と思ったのでしょう、OKと、快く了解してました(快く、でも目の色は「OKと言って失敗だったかも…」と言う感じ。それを見てこちらは終始笑いっぱなし!)。タコの足を一本購入、2.5ポンド(≒520円)。
a0055525_7493939.jpg
タコの足とネギの炒め物
材料:
 タコ足 1本
 ネギ(Spring onion) 1束
 ニンニク 2かけ
 塩・コショウ
 油

タコは初めてのバールに、塩でタコ足を揉んでもらい、臭みとヌルヌルを取ってもらいました。このモニョモニョした感覚は初めてだったよう、バールは沢山写真を撮りました。故郷のお母さんにタコを食べた、とメールで送って見せるそうです。

a0055525_755597.jpgできあがり。

a0055525_7502320.jpg
他にもサラダやダンドゥーリチキンなどがあります。

料理前にバールは、インターネットで本当に毒がないか、どんな栄養があるのかを確認したそう。タコには鉄分が含まれているよ、と栄養価に関する知識を食事中に説明してくれました。また食べてみると、タコは弾力があり、そのエキスは美味しく、ご飯にとても合うことが分かり、バールは大満足。一人でほとんど平らげたのでした。

-------
gwenの学んだこと(lesson learnt):

1.日本から来た人からしたら普通の食べ物であっても、国が変われば、「日本人は奇妙な物を食べている」と思われることがあるということ。(フランス人が、カエルやウサギ、野バトを食べるのを、Σ( ̄□ ̄;)えーっ!と思うように。)

2.しかし、ちゃんと調理してあげたり、言葉で説明すれば、食文化に対する理解を深めてあげることもできるということ。逆に、自分が変わった食材に出会っても、受け入れる心を持つこと。(でも、ヘビとかは絶対無理…)

3.日本の外の視線から見たら、私たちはもっと他にも何か、不思議な物を食べているに違いないですが、自分の視点からでは分からない それ を発見するのはとても楽しい♪、ということ。自分の持つ常識が、違う視点から見たら常識ではないことを知るのは面白いですね。
------

* 食べやすい方がよいかなと思い、本当はタコとトマトソースのスパゲティを作ろうと思いましたが、和風で食べたいということで、こちらを作りました。次回は、洋風で挑戦! こちらのサイトを参照させていただきました。ありがとうございます。m(_ _)m
シンプルにおいしい、毎日
[PR]
by gwenlondon | 2006-07-17 08:02 | 生活
大学の卒業式
7月14日(金)
ロンドン 晴れ(ちょっと肌寒し)

旅行から戻り2日目。ロンドンに戻った後、中華街で食べた中華料理がひどくて(たぶん、古い油を使って料理しているみたいでした)、体調を崩していました…。今日は朝から晩まで図書館に出かけました。ストラスブールの写真も近いうちに更新します。

でも、旅行のお話の前に、今日は大学学部の卒業式がありました。
a0055525_9201695.jpg
肖像権に問題がないことを願いつつ…。

a0055525_926252.jpg
イギリスの大学は3年で卒業できます。学生は150か国以上からきていることから、色々な民族衣装の上に卒業のガウンを着ている学生が沢山。家族連れが多くて、3年間の学業を無事に終え、誇りに思っているような学生が沢山いました。

7月1日に寮内で、寮生の引越し大会(?)があり、フラットから3人の中国からの学生がいなくなり、代わりに新たにアメリカ、フランス、イスラエルからの学生が入ってきました。そのうち、アメリカから来た学部生一人曰く、「もし無事卒業できなかったら、親に殺されていたわ!危ないところだった」と言うくらい、勉強はハードみたい。(そもそも英語圏であるアメリカの学生がなぜ、イギリスに来て勉強するのか、何故イギリスを選ぶのか、とても関心あります。3年で卒業できるなどのメリットもあるでしょうが、それは次回質問してみます。)

大学院の卒業式は12月。私も無事卒業したいものです。その前に修士論文を後1か月半で終わらせなくてはなりません。1か月半あるということは、その間に努力すれば、いい成績を残せるかもという可能性はあります。悔いだけは残したくないです。
[PR]
by gwenlondon | 2006-07-15 10:52 | 勉強
旅に出て参ります
7月7日(金)
ロンドン 雨

本日より12日まで、元同僚を訪ねに、旅へ出てまいります。
修士論文のことは、ロンドンに置いてきます☆ m(_ _)m
ロンドンに戻りましたら、また写真を掲載します☆
皆様、ステキな週末を ヾ(≧▽≦)ノ
[PR]
by gwenlondon | 2006-07-07 22:37 | 生活
グリニッジ探索 - マーケット 後編 -
最後、ロンドン・グリニッジにある、グリニッジマーケットです。
a0055525_9543317.jpg
この赤ちゃん服も本当にかわいくて。写真では見ずらいかもしれません。

a0055525_9553136.jpgこの手りゅう弾型革製小物入れは、猛烈に心惹かれましたが、持っていても使い道がないので、我に返り断念。

a0055525_21543527.jpg
手作り写真フレーム。

a0055525_21545759.jpg
色々な種類の室内用フレグランス。フルーツの香りは思わず口にしたくなるくらい。

a0055525_2156423.jpg
こういう年代物のバターナイフとか、ナイフ・フォークセットにすごい憧れがあるのですが、…日本に持って変えることを考えると…。

a0055525_22103718.jpg
19世紀のロンドン・テムズ川沿い地図。

そんなマーケットの中でも、一段とお気に入りになったお店。それはチョコレート屋さんです。
a0055525_2157895.jpg
壁一面が、チョコレート。

a0055525_21575749.jpg
種類が沢山ありすぎて、選択が困難。そんなときには店員さんに好みを伝えれば、いくつかの種類に絞ってくれます。

a0055525_21584681.jpg
駄菓子屋さんの駄菓子みたい☆

「植民地時代にイギリスは世界中の砂糖とカカオをイギリスに取り寄せたの。でも、イギリスから外国へは、5%しか輸出されなかった。当時は、イギリス人が世界中のほとんどのチョコレートを食べていたのよ。」と、植民地時代を引き合いに出して説明する店員さん。大英帝国を持っていたことをイギリス人自身が誇りに思っているところが、現在アメリカ人が「アメリカは帝国ではない」と否定しているのと対照的で面白いなぁと思うところです。
もちろん、「帝国(Empire)」の定義によって、アメリカを帝国と呼べるかどうか変わってきますが…。

a0055525_2224115.jpg

店 名:Mr. Humbug
住 所:Unit 12
    Greenwich market
    London
    SE10 9HZ
サイト:http://www.mrhumbug.com/

a0055525_2211338.jpg
今回の自分へのお土産:
チョコレート250g、ヨガの本(←昔から関心があった)

[PR]
by gwenlondon | 2006-07-07 22:14 | グリニッジ
チラリと日記
7月6日(木)
ロンドン 晴れ/曇り

寮内で、大規模な引越しがあったり、インターネット回線の不調のため、サイトの更新が全然出来ませんでした。m(_ _)m

7月1日、寮内で引越しがありました。この寮は4つの棟から成っていますが、そのうちの1つを夏休み中に一般の人に開放するということで、その棟に住んでいる学生が他の棟の空き部屋に引っ越すというものです。
私はラッキーなことに引越しは無く済みましたが、中国のフラットメート3人が帰国したり、ボーイフレンドと暮らすということで出て行きました。問題児だらけで、大変なフラットでしたが、これで中国フラットでの生活は終了。何気に寂しい気持ちもあったりして。
新しいフラットメートが3人、入居してきました。フランス人、イスラエル人、アメリカ人の学生です。隣の部屋に引っ越してきたイスラエルの学生は、夜中にピョンピョン部屋の中で飛び回っているみたいで、床が揺れたり、反対の隣に入居してきたアメリカの学生は毎晩3人のお友達が泊まっていて、時々キッチンで夜遅くまで賭け事をしていたり、とこれまた興味深い人たちが入ってきました。でも、共同の場所をきちっと片付けるので、超余裕です。ここでの滞在は残り2か月なので、残りを平穏に暮らせたらいいなぁと思っています。

最近は、どんなに遅く眠っても、必ず9時には目が覚め、10時には外出準備を終え図書館へ出かける日々です。修士論文の構想がまとまり、読むべき資料探しに明け暮れ、夕方におなかペコペコになって帰宅しています。

試験期間にちょっと近い感じで、日中は本を読み、学校と寮との往復をする日々。あと2か月で帰国と考えると、勉強しなくては、少なくても修士論文の分野についてはしっかり理解していきたいと思うと、勉強以外する気にあまりなれません。もったいないですね。

でもいいお友達もいて、夜に一緒に散歩したり、時々夕食に出かけたりして、気分転換も少しは、できています☆

a0055525_5375897.jpg
ロンドンを歩けば、今はひるがおが季節のお花みたいで、色々な場所で見かけます。St. Paul's Cathedral前にて。
a0055525_22255155.jpg

[PR]
by gwenlondon | 2006-07-07 05:38 | 生活
大学院は完全に終了
ご無沙汰しております。今週もやっと終了しました。
ご覧いただいている皆様、一週間お疲れさまでした。また、民主主義について、マーケットについて、コメントをいただきまして、ありがとうございます。勉強させていただいています。

私ですが、今週は、学校の教育センターが主催・提供する「修士論文の書き方講座」に朝から晩まで毎日参加していました。夕方以降は友人と過ごしています。フローチャートにすると、

日中は勉強
→夜、誰かのフラットでお別れ会
→近所のタワーブリッジのそばにあるMore Londonという場所で無料映画会で映画鑑賞&朝まで語り
→数時間就寝
→学校、
と言う感じでした。
(睡眠不足のため、お肌に大きなにきび吹き出物が1つ!!Σ( ̄□ ̄;))

修士論文の書き方講座は、本当に有益でした。修士論文のナビゲートの仕方、精神的に辛くなったときの対処方法、自分の意見と分析とのバランスを取る方法、資料の探し方、論文の構成の作り方…。英語で論文を書いたことのない人にとっては必須の情報ですが、英語圏で大学の学部を終了している人であっても、参加している人は多く、大教室も、朝10時からのセミナーであっても、人が座りきれないくらいあふれかえっていました。

でも、今日で今週も終わり。学校提供の公式行事は全て終了しました。あとはこれまで先生からいただいたご助言や講座で得た知識を元に、自分の修士論文を書くだけ。ちょっぴり大変ですが、
「やり遂げてみせる! ( `□´)ノ エイエイオー」
という気持ちで一杯です。
…と、卒業試験が終わったのに、まだまだ闘いモードのgwenでした。

日が暮れてからは、毎日お別れの話ばかりで少し悲しいけれど、大学院で一緒に頑張ってきた人たちとは、元々一年間でお別れの予定でしたし、仕方がありません。一期一会の気持ちを持って人に接することって大切なんだなぁと思います。自分はそれを実践してきたか…、率直に言って時々忘れていましたが、基本的には育った文化が変わっても、相手に対する尊重がない限り、良好な人間関係を築く事はできないという認識はあるため、そのように行動してきたつもりです。この夏は「一期一会の気持ち、さらに強化期間」としたいです。(宣言)

というわけで、これから、More Londonで映画「The Constant Gardener(日本語タイトル"ナイロビの蜂")」を見てきます~。More Londonの場所と、イベントについても、近いうちにサイトに写真つきで載せます~。

More London イベント情報はこちらから
[PR]
by gwenlondon | 2006-07-01 04:05 | 生活
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon