カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
<   2005年 12月 ( 38 )   > この月の画像一覧
Greed and Grievance(貪欲と不満)
今週読み始めた本「Greed and Grievance(貪欲と不満)」には、紛争の本当の原因を探求するという目的に沿った、複数の著者の論文が掲載されています。
より具体的に説明すると、「戦争の歴史の中で、経済的な動機や商業的な利益が存在するのは新しい現象ではない。しかし国際機関やNGOは、現在の内戦が発生し持続している原因として、経済的な動機が大きな役割を果たしていることにあまり注意を向けていないのが現実。」それゆえ、「内戦で敵対しているグループにとっての経済的利害に焦点をあてて紛争の原因に対する理解を深め、「グローバリゼーション」が紛争当事者にどういった経済的機会を提供するか調べ、そして第三者(政府・国際機関、NGO、一般企業など)が、内戦の当事者であるエリートの経済的な利害を戦争の中ではなく、平和の中で見出せるようにシフトさせる政策はどういったものかを検証する」のを目的としています。

まだ読み終わっていないのですが、少し読んだだけでも、けっこう面白いことが書いてあります。かいつまんで内容を説明すると:
これまで伝統的に紛争の原因については、「古くからの民族間の憎しみ」について言われてきたし、これはメディアやNGOがまことしやかに語り続けてきたことにより、定着していった。でも、古くからの憎しみがあったのならば、なぜ20世紀に入ってからこういった紛争が発生するようになったのか、つまり、なぜその前の時代に発生しなかったのかが説明できない。そこで著者たちは、現在の紛争は、勝つか負けるか、政権をとるかどうかといった植民地からの独立時代の紛争の目的よりも、紛争は様々な種類の暴力を正当化させるために、また自分の経済的、精神的欲望を満たし、それを継続させるために紛争が利用されていると説明しています。例を挙げれば、紛争の発生により、それが市民から搾取をする正当(に聞こえる)な理由にもなるし、戦争は市場での価格の変動を引き起こすから、それにより利益を得る人もいる(特に軍需産業)、それに武器を持つ強い者が弱い者を労働力として搾取することで利益を得る人もいる。また、国際社会からの支援物資を抜き取って利益を得ることも可能である。
とのこと。まだ一章しか読んでいないから、何の結論も書けませんが…。

紛争の発生には人間の醜い部分が多分に関わっていると思います。上記の経済上の目的が紛争を長期化させているという議論もそう。そして、そんな醜い部分をさらけ出さなくてはならない状況に置かれた人は誰であれ、今も紛争下で戦っている人たちと同じような状況に陥らざるを得なくなるのだろうと思います。

人間のそういった醜い部分を直視し、解決法を模索するという意味では、社会心理学と国際関係学の学問の根底では、つながりがあるのかもしれません。社会心理学を学ぶ人は、人間の心をより深く理解したいと思っているのではないかと推察しますが、国際関係を学ぶ人も同じような心理を持っているのかも、と思いました。

ちなみに、寮のインターネットの工事があるとかで、26日朝から30日まで、インターネットが利用できません~。工事終了後、またメッセージ残します。
[PR]
by gwenlondon | 2005-12-26 12:09 | 勉強
今日のクリスマス - 15 -
ロンドンの中心の方にある、Fleet Street(フリート・ストリート)にあるパブ「Ye Olde Cock Taven」の窓を這い上がるサンタ人形。センスが光っていました。a0055525_8301932.jpgこのパブは、100年以上前に、以前反対側の道に構えていたパブから引っ越してきたものだそうで、とても長い歴史があるそう。内装も300年くらい前に作られたものを使用していたそうですが、1990年に火災に見舞われた後、大規模に改装されて、様子が変わったそうです。一度入ってみないとね☆

a0055525_8462445.jpgフリート・ストリート自体は300年もの歴史があり、その通り沿いの建物の多くもかなり古いように見受けられます。その中でも、王立裁判所(Royal Court of Justice)は大きくてとても豪華です。
この裁判所は離婚や名誉毀損、国民の義務、嘆願などを含む国内裁判を統括しており、犯罪については別の場所で取り扱われているとのこと。1882年にオープンされ、ポートランド石を使用した3500万ものレンガで作られたこの裁判所には、1000部屋と3.5マイル(5.6km)もの回廊があるそう。…これまで何も考えずにこの前の道を歩いて大学院へ通っていました。
余談ですが、この裁判所の真向かいに、トワイニングのお店があります。
[PR]
by gwenlondon | 2005-12-24 08:56 | クリスマス2005
今日のクリスマス - 14 -
今晩、図書館帰りにバス停でバスを待っていると、バス停近くの教会、セント・クレメント・デーンズ(St. Clement Danes)から、不ぞろいのハンドベルが街中に大音量で鳴り響いていました。なんだろうと思って、教会に入ると白色の飾り付けで統一されているツリーがありました。
a0055525_7482848.jpg教会の本当に優しそうで温かそうな牧師さんに、このハンドベルクワイアーの音は? と伺ったら、ケンジントン(Kensington)から来たハンドベルクワイアーの一団が、ここで練習をしているのだよと教えてくれました。教会の中はシンプルでしたが、教会にある静けさと厳かさが、外の喧騒と違う世界を作っていました。

a0055525_74953100.jpg
画像をアップするとこんな感じ。真っ白な飾りに統一されている様が、天使のようでした
[PR]
by gwenlondon | 2005-12-23 07:53 | クリスマス2005
今日のクリスマス - 13 -
トラファルガー・スクウェアー(Trafalgar Square)とクリスマス・ツリー。奥の建物はナショナル・ギャラリー(The National Gallery)。
a0055525_8291616.jpg
ロンドン市のサイトによると、第二次世界大戦中にイギリスがノルウェーを支援した感謝の印として、1947年以降毎年、ノルウェーの人々からロンドンの人々へクリスマスツリーがプレゼントされているそう。この木の高さは25mあり、クリスマスから12夜経った1月6日まで飾られ、その後リサイクルされます。ちなみに、このライトはエネルギー効率の良いライトが使われています。

今年は11月29日にトラファルガー・スクウェアーで点火祭が開催されたとのこと。点火祭には、オスロの市長も参加し、オスロから聖歌隊や歌手がやってきて、コーラスを披露したり、伝統的なノルウェーの民族歌謡から、様々なその季節に関連する歌が披露されたとサイトにはあります。また、12月3日~24日まで、そこで福祉のための募金を目的とした、聖歌コンサートがあるそう。…あと3日しかない!!

点火祭参加したかった。でもエッセーとプレゼンテーションの発表でそれどころではなかった…。明日の図書館帰りにいけたら良いなと思います。
[PR]
by gwenlondon | 2005-12-22 08:33 | クリスマス2005
今日のクリスマス - 12 -
今週末はクリスマス。
イギリスでは、クリスマスイブよりもクリスマスの方が大切なようです。
クリスマスイブはだいたいのスーパー、レストランは4時~5時に閉店しますが、25日のクリスマスは、交通手段が完全にストップ、お店も閉まり、街は静かそのものになるそうです。きっと日本の元旦のように静かなのかしら。クリスマスにはロンドンにいますので、是非静かな街の様子を撮影したいです。

とはいえ、クリスマスは家にこもっているものでもないようです。大学院の学食で出会ったイギリス在住十数年のアメリカ人の講師に聞いたところ、クリスマスを祝うイギリスの人は、24日と25日の間の夜中に近所の教会へ行き、ミサに参加するそう。そして聖体を拝領し(receive the Eucharist )、皆んなでろうそくを持って賛美歌を歌うそうです。そして、多くの教会はこのミサを一般公開しているから、夜だけど行けたらイギリスのクリスマスを体験できるよと言われました。

Eucharistって何? とか疑問が出てきたのですが、質問する前にその方は用事があるということで別れました。ネットで検索したところによると、「聖体とは、カトリック教会、東方正教会、コプト正教会などにおいて、ミサ(聖体礼儀)で食するためにパンを聖別し、キリストの体の実体として信仰されるもの。(Wikipedia)」とのこと。では、聖別って、と調べても、よく分かりませんでした。Eucharistとは何か、キリスト教についてもう少し知ることが新たな課題になりました。
近所の教会の中でも規模が大きいセント・ポールズ・カセドラル(St. Paul's Cathedral)のサイトによると、24日の23時30分から特別礼拝があるそうで、一般公開もしている模様。行きたいですが、ロンドンの夜は危険とのこと、要熟考です。

a0055525_1042632.jpg
そしてこれがSt. Paul's Cathedralの横側の写真。今日はじめて、2階のテラス部分にクリスマスツリーが飾られているのを発見しました。写真では見えずらいかもしれません。

余談ですが、前にも書きましたが、大学院で知っているイギリス人の学生は2人のみ。教鞭を取られるイギリス出身の先生も2人しかいません。ロンドンは、イギリス出身者の割合が比較的少ないのでしょうか、それとも単にイギリス人大学院生がいないだけなのか。バスに乗ると、アフリカ系の人が多数を占めている印象ですし、スペイン語やロシア語、フランス語を聞くことも多くあります。バスに乗るアジア人も少ない気がする。でも、バスの行き先・目的地、つまり住んでいる場所にも関係するかもしれません。寮の周辺は、タワーブリッジから歩いて1分という距離もあり、観光地化されていて、結構家の値段が高いことから、外国人風の人はあまり住んでいないという印象なのですが、普段接する人たちは多国籍なため、イギリスの生活について質問するときはいつも、イギリスに長く滞在している外国人になってしまうのです~。
[PR]
by gwenlondon | 2005-12-21 10:15 | クリスマス2005
今年の図書館生活もあと3日
大学院の図書館は23日までです。24日から来年の1月3日までクリスマス休暇で閉館になるためです。とても残念。お休みに入ってからも、勉強を強制的にでも続けるためには、寮でまどろんでいてはいけないと、私の性格上分かっていたので、日曜日の休館日と一日を除く毎日、図書館へ行っていました。

とはいえ、倹約をモットーに日々を過ごす学生として、外食を避けるべくキッチンでブランチを作り食べてから外出します。歩いて45分かかるのですが、毎日同じ道を歩き続けるのもつまらないので違う道を歩いてみたり、新たな発見をすれば寄り道をし、テムズ川沿いでかもめとにらめっこしたり、と45分では図書館に到着しない日も多々あります。大学院に到着するのはだいたい13時~14時。閉館が20時であるため、図書館に居る時間は6時間ちょいくらいです。2時間に一度、15分程度の居眠りをしては勉強を再会するという感じ。

そして夜も更けているので帰りはバスで帰宅します。帰宅後すぐに夕食を作り、勉強を少し続けた後、友人からのメールに答えたり、ブログを書いたり、皆さんのブログを拝見したりするわけです。

でもこんな単調ながらもリズムのある生活もあと3日しかできません。クリスマスと新年の間はどうやって勉強しよう。静かな勉強できる場所なんて図書館以外あまりないですよね。嗚呼、悩みの種。

ちなみに、私のブログにも「オススメ・リンク」項目を作りたくて仕方がないのですが、作業の仕方が分かりません(涙)。設定項目全てを見たのですが、無料でサイトを作っている人にはできないのでしょうか…。よう研究します。
[PR]
by gwenlondon | 2005-12-20 09:44 | 勉強
今日のクリスマス - 11 -
a0055525_7313728.jpg
サマーセットハウス(Somerset House)のスケートリンクとクリスマスツリー。暗くて見えずらいですね…。サマーセットハウスは、バスで学校から寮へ戻るときに目の前を通るのですが、以前からこの荘厳な建物はなんだろうと疑問に思っていました。なので今日、足を踏み入れることができて良かったです。温かくなったらこの建物の中にある博物館にも訪れたいです。

そこでもらってきたパンフレットによると、1547年に、Edward Seymour(サマーセット公爵)がサマーセットハウスを最初に建設。これはイギリスで最初に作られたルネッサンス様式の建物だそう。その後サマーセット公爵が処刑されて王宮になり、拡張改築が進められたけれども、1775年に大規模に立て直されて、現在のチューダー様式の建築物になったそうです。現在は、絵画や彫刻などが展示され、一般公開されています。
処刑されて、建物が没収され、宮殿になるとは…。黒い歴史…。

ともかく、現在、スケートリンクが張られているため、写真を撮影した本日よるにはリンクの床の色が見えないくらい沢山の人がスケートを楽しんでいました。

わが寮の近所のタワーブリッジにもスケートリンクがありますが、屋外スケートってイギリスの流行りなのでしょうか。

ロンドンに来て今日で3か月ぴったり。まだ有名な大英博物館にも行ったことがないので、春にでも出かけてみたいなと思いました。
[PR]
by gwenlondon | 2005-12-20 08:02 | クリスマス2005
今日のクリスマス - 10 -
セント・ポールズ・カセドラル(St. Paul's Cathedral)の前にあるツリー。a0055525_1194134.jpgこの教会はれはテート博物館の前にあるミレニアムブリッジを渡ったところにあります。一部改装中のため、改装中の部分に白い布が掛けられているのですが、ご覧の通り、白い布の上に、改装後の予想絵が描いてあるのですよ。何となくカワイイ感じがしました。なので、ツリーがあまり目立たないかも…。
[PR]
by gwenlondon | 2005-12-19 11:09 | クリスマス2005
紛争出身国の学生から認識させられる限界
紛争国から来た学生の、「紛争と平和構築」の授業で見せる視点は、いわゆる先進国で紛争を外部の視点から見ている国から来た学生たち(私を含む)のものとは異なります。

当然のことながら、彼らは紛争を当事者の視点で見ています。少なくとも紛争で親族を失うとか、生まれ育った土地や家を破壊されるといった経験のない学生や、それを見る機会のなかった人には、こういった視点を持つことは不可能です。現場で数年かけて密着して生活しない限り、持っている「フリ」にしかなり得ないと思います。

授業では、紛争が発生する原因とそれの解決方法を講師が色々な本やレポートから抜粋して説明したりしますが、紛争発生国の出身学生は、無論、過去に自分たちの国で経験した紛争の歴史を当てはめて考えることができます。これは、いわゆる英語圏の研究者が紛争現場に数週間滞在しただけで、まるで何もかも分かったように書いている現場レポートについては、いとも簡単に論破してしまいます。

彼らの発言を聞いていると、現場に数週間数か月間滞在しただけの研究者が書いた記録からしか情報を持たない第三者が入ってきて紛争を解決するとか、援助のパッケージを作成するなんて、無理なのではと思わされます。もちろん全ての情報がそういった情報であるわけではないと思いますが、どれだけの情報が現実を表す情報なのでしょうね。そして、なにが現実なのだろう。紛争出身国の学生が言うことだって、主観の入っている情報でありうるわけですし。国連機関の現地事務所で働いている人でも、国際職員は役人だから特定の国の問題だけに長期間従事することはできないでしょうし、2年~4年ごとに異動がある。また、英語に堪能な現地職員が情報を作成しても、本部レベルの人に取り上げてもらうのって可能なのでしょうか。NGOでも色々な種類があるけれども、彼らが発表する資料で信憑性のあるものを探すのも大変そう…話がそれました。

話をもどして、紛争国から来た学生の話を聞いていると、私なんてそういった研究者が書いた論文かどうかの判断はできないので、何でもかんでもとりあえず読んで、その現場のことを知った「気」になっているだけなのだ、と認識させられます。それ以外のソースがないので仕方がないと言ったらそれまでですし、必ずしも情報が「事実ではない」というわけではないと思いますので、勉強しないよりもした方がずーっと良いはずです。理論を知って消化するのは興味深いし、紛争や国際関係のことを分かった「気」になれるけれども、さらにこれを現実に当てはめ、自分なりの理論を構築し、何よりも「現場を知」ってそれに対応するには、結局現場に行って、現地の人と衣食住を共にして相手とシンクロしない限り、無理なことなのだと思います。

来学期にでも、トルコの学生をランチにでも誘って話を聞いてみようかなと思いました。この分野の勉強を始めてまだ10週間とちょっと。分からないことばかりですし、理解しようと思っても、国際関係や紛争の分野を幅広く触れるだけの大学院の一年間ではとてもじゃないけれども無理だし、少なくとも私の大学院で提供している修士課程の授業とそこで求められている勉強とは異なります。(修士課程で求められる勉強は、沢山の文献を読み、色々な意見を知り、それらの文献のサポートを得て自分の論文を書くことと言われました。それ以上のことをするのは博士課程ですって。)

冗長であまり論旨がはっきりしていません。たぶん、私ももう少しこのことについてよく考えるべきだろうと思います。こんなことを書いてしまって済みません。
でも、ご関心のある方はご意見等寄せて頂ければ幸いです。
[PR]
by gwenlondon | 2005-12-19 10:36 | 勉強
今日の過ごし方 ~後編:スープとPubと紛争~
そうこうしていたら、夕食を食べ忘れたので、一昨日スーパーTESCOにて、2つで3ポンドで販売していた"New Covent Garden"スープのマッシュルーム味を、お夜食にいただきました。a0055525_9215028.jpg2つで約600円は、学生の身には高価なのですが、先日ロンドンに5年間在住していた同僚から「美味しいから是非試してみるべし!」というメールをいただいていたので、購入しました。マッシュルーム味は本当のマッシュルームの味がして、美味しかった~。ロンドンで購入する粉末スープは、ハズレばかりで、日本のスープの品質の高さを再確認してきたのですが、これは値段だけの価値があります。300ccほどいただき、残りは後日に。チキン味も近いうちにいただきます。

おなかを少しふくらませ、21時半過ぎに、「紛争と平和研究(Conflict and Peace Studies)」のクラスメートのジュン(June)がバイトをしている、寮の隣のPubへ行きました。彼女に会いに行く約束をしていたためです。

会いに行ったら喜んでくれて、店長の計らいもあり、休憩をとってくれました。
彼女はネパール出身なのですが、なぜ紛争に関心があるのかを聞いたら、以前ネパールにある国連事務所で平和維持に関連する業務をしていたことと、ネパールからインドへの人身売買が多発しているので、女性の人権問題についての仕事をしたいためという返答が帰ってきました。

確かに、「紛争と平和研究」の受講者は、紛争に巻き込まれた経験を持っている国の人や、過去に植民地支配をしていた国の人がほとんどで、受講しているアジア人は、多分彼女と私の2人だけ。そしてモンゴロイド系の学生は私だけ。私の他に日本人の受講者がいないのは、理解できます。(私がこの分野に関心を持った理由はまた別の機会に書きます。)
そしてアジアからの学生の多く(中国の人がほとんど)は、国際関係ではなく、マネジメントや数学、会計学、法律、開発など、就職に即役立ちそうな実学を専攻しているのですね。国際関係を専攻する日本人は、ヨーロッパの政治やアジアの政治を学ぶ傾向にあるみたい。政府や政党から来た人がほとんどだから、そういうものなのかもね。面白い現象です。

お酒はほとんど飲まないので、あまりアルコールの入っていないサイダー(Cider:ロンドンで言うサイダーはアルコール入り)のハーフピント(1pint=0.568リットルなので、その半分)を注文したら、店長さんがご馳走してくれました♪そしてジュンと、この授業はつまらないとか、冬休みの過ごし方を話して、部屋に帰ってきました。

これから引き続き勉強します。Tipsyでご機嫌ですが、フフフッ☆
今現在の気温、マイナス4℃だって。ワー。何か嬉しい。非日常的で☆
[PR]
by gwenlondon | 2005-12-18 09:44 | 勉強
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧