カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
カテゴリ:今日の出会い( 8 )
今日の出会い -5-  ~ 白鳥 ~
5月28日(日)
ロンドン 曇り時々晴れ

勉強一筋生活を送っております。昼寝もしない生活です。緊張感が出てきたみたい。あと10日と少しで、卒業試験初日ですからね。

そんな中での気分転換といえば、他のインドの学生のフラットで夜中に語るとか、インドの学生しかいない夕食会に一人参加するとか(おかげで英語のアクセントが、最近インド風になってきました…"なまり"って移ります…)、近所を散歩するくらいでしょうか。

夕方、買い物ついでに、もはや庭のような存在になってきた、セント・キャサリンズ・ドック(St. Katharine's Dock)に行きました。数日振りです。週末ということもあり、また気候もよかったことから、たくさんの観光客が散歩していました。
a0055525_7283932.jpg
船で一杯をしているグループも多くあり、平和な週末でした。

今日の出会いは、セント・キャサリンドックの主(ぬし)、白鳥です。
a0055525_7165522.jpg
自分だけの巣をもっています。

この白鳥はとても悪い子で、近くに他の鳥が近づくと、威嚇して蹴散らします。ワラぶきのおうちももちろん、自分だけのもの。

わがままなのはたぶん、
・テムズ川で公式に飼育されている88羽の白鳥のひなが、エリザベス女王の所有であることから、同じ白鳥として誇りを持っている(女王80歳記念サイト Fact78より)、
・身体が大きいから強く振舞える、
・人々に人気なのを知っている、
ためかと思われます。
a0055525_7192377.jpg
エサを食べに、ワラのおうちを離れたところ。やっぱり大きくてキレイですが、本物をよく見ると、目が小さめで、実は顔が間の抜けた雰囲気でもあるため、愛嬌も感じます。

しかし、背後にハトが来ようものならば、
a0055525_7203963.jpg
身体を動かさず、長い首を最大限生かして、威嚇します。悪い子。

a0055525_7225417.jpg
観光客にも、このドックに船を所有している人からも大人気で、エサはかなりもらっています(証拠写真)。水面に浮かぶ姿は、優雅です。

なので、私はえさを与えません。ニヤリ( ̄ー ̄)その代わりに、他のカモや鳥たちにパンをあげます。
a0055525_724288.jpg
参考:さっき白鳥がいた場所に来たアヒル。誰もえさを与えず、笑顔で見つめるだけ…。見た目が優雅じゃないからって、不公平よっ(ノ_<。)。グスッ... もう少し首が長かったらよかったね...色は同じなのに...。

a0055525_7265032.jpg
なお、白鳥の足は大きく、黄色ではなく黒いです。ブーツを履いているみたい。おしり振りながら、ペッタンペッタン歩く姿は、やはりかわいいです。

a0055525_7352148.jpg
ちなみに、この丸いスターバックスで、よく勉強していました。このところ、あまり来ていません。また来ようかしら…。
[PR]
by gwenlondon | 2006-05-29 07:50 | 今日の出会い
通学路で見られるお花たち
ロンドンの通り沿いでは、色とりどりのお花に出会えます。今回は、いつもお花の絶えない聖ポールカテドラルの前に広がるチューリップの列と、キャノン・ストリート(Cannon Street)沿いにある小さなお花畑の、シャクヤクです。

(学校からの帰り道では、いつもフリート・ストリート(Fleet street)を通り、聖ポールズ・カテドラル(St. Pauls Cathedral)の前を通過しています。)

a0055525_6555868.jpg
教会の前にはいつも、お花があります。この前まではスイセンだったのだけど、今はチューリップ。土に根付いているから、お花も長持ちするのですね。見る人の心を癒します。

a0055525_6563614.jpg
シャクヤク。大輪の花を咲かせています。

a0055525_6565534.jpg
(クリックすると、画像が大きくなります)
このシャクヤクは、2004年10月に、島根県やつか町(谷塚? 八塚?)から贈られて来たそうです。島根県の県花ですって。

ここは学校へ行く際にはいつも通っていたのに、見かけたことがありませんでした。でも、今日たまたま、とっても大きくて、きれいなピンクの立派なお花が咲いていたので、目に入ったのです。自分の現在いる異国が、遠い故郷とつながっているのを見つけて、幸せな気持ちになったのでした。

とても立派な、しゃくやくでした。

日常の一こま
[PR]
by gwenlondon | 2006-05-10 09:25 | 今日の出会い
Kumasanさんにお会いする
2006年 5月 6日(土)
ロンドン 曇りのち雨 

「Kumasan Life in London」のKumasanさんにお会いしました。
a0055525_348257.jpg
Kumasanさんって、そう、こちらの青い方です(笑)。

ロンドンは、世界3大金融街の1つとして有名ですが、まさにそちらの第一線でご活躍なさる、スゴイ方w( ̄o ̄w)です。また、Kumasanさんのサイトを通じ、ご夫妻の欧州各国のご旅行記(写真が美しい~)や、青いKumaさんが見せる欧州の町並み、コメントを通じて、拝見してきたお考えなどから、お話を伺えることをとても楽しみにしていました。また、ロンドンで初めてのアフタヌーンティーも楽しみでした。

会合場所は、マンダリン・オリエンタル(Mandarin Oriental)内にある、アフタヌーンティーのお店。ナイトブリッジ駅(Knightbridge station)から歩いて30秒ほどの場所にあります。近くにはハロッズ(Harrods)もあるし、お隣にはハイドパーク(Hyde Park)があり、自然の美しい場所です。

(ちなみに、現場までの距離感がつかめず、待ち合わせ時間の30分前に到着。外は雨だから…と思い、ロビーでフラフラしていると、ホテルの人が代わるがわる、笑顔で話しかけてくださったりして…。あまりに沢山の人が話しかけてくるので、しまいには、お手洗いのソファに腰掛けて、隠れていました(笑)。)

程なくKumasanさん、到着。「初めまして( ^^) (^^ )ニコニコ」とご挨拶をして、アフタヌーンティーのお店へ。あいにくの雨空でしたが、窓際のお席だったので、外に広がるしずくを含んだ緑や、たまに馬が闊歩する様子、カモメを初めとした色々な鳥が見えました。そんな自然に目を向けながら、お仕事のお話や小話、kumasanさんご夫妻のこと、ご趣味のインテリアのお話、自分のこと、旅行、国内外の政治、将来の夢の話……と、15時から19時半まで、お話をしたのでした。

初めてお会いした方と、4時間半もお話するなんて! 時間があっという間に流れていきました。
豊かなご経験と、引き出しの多さが印象的な、ステキな方でした。サイトから拝見するKumasanさんへの印象は、クールで、10くらい年上かなと思っていましたが、実際はとてもフレンドリーで柔らかい雰囲気をお持ちでした。そして、転職なさったり、博識でいらっしゃるのに、お兄さんみたいにお若い方でした。

Kumasanさんの、当サイトから見た gwen の印象が;
「勉強一筋、牛乳瓶の底のように厚いめがねをかけた、超真面目な学生」
なのが、嬉しくも笑みをいただきました☆ サイトから見た自分の印象って、当人や知人からでは知りえませんから、新たな発見です。(私の親友に、このことを話したら、吹き出して笑っていました(笑)。いや、真面目な人ですよっ。)

また機会があれば、お会いしましょう~。ご重責もさることながら、これからますますお忙しくなりそうですが、ご健康にはお気をつけて。タワーブリッジから応援しております。奥様と青いKumaさんにもよろしくお伝えください~♪

そして食事をご馳走になり、ありがとうございました☆ヾ(≧▽≦)ノ
[PR]
by gwenlondon | 2006-05-07 06:45 | 今日の出会い
本物の“青い鳥”
今日初めて、本物の青い鳥を拝見しました。
私のとりの師匠(←勝手に呼ばせていただいてます:笑)である、
うずらさんのサイトにてご覧になれます。

本物の青い鳥「オオルリ」は、こちらから

こんなにきれいな色の青い鳥って、本当にいるのですね。しかも日本の京のみやこにいます。メーテルリンクの故郷、ベルギーまで行く必要はなさそうです。しかも、青いダブルデッカーよりもずっと美しいです。感動し、勝手にご利益を感じ取って帰ってきました(笑)。
[PR]
by gwenlondon | 2006-04-24 07:01 | 今日の出会い
今日の出会い -4-
今日のロンドンは、昼間について言えば、太陽が一時的に顔を出し、まぶしかったです。そんな中、拾った硬いパンを一生懸命かじっているリスを見つけました。
a0055525_540487.jpg
大きい食料を見つけ、ラッキー☆と、ひたすら食べるリス君。こんな小さな手で上手く持てるものなのね、と感心。

a0055525_541950.jpg
見つめていたら、後を向いてしまったリス君(笑)。このフサフサのしっぽ、リスの身体にとって、どんな機能があるのだろう。冬の襟巻き用?

街の色々な場所でリスを見つけます。人のお家の低い垣根の上から、道路、木の上に至るまで。そして、街を歩いている人は、そばにいてもあまり気にしない様子です。ハトと同じくらい見慣れているのかもしれません。鎌倉に行ったときくらいにしか見れないので、やっぱり見つめてしまうのでした。

おまけ...
[PR]
by gwenlondon | 2006-04-10 05:42 | 今日の出会い
今日の出会い -3-
ロンドンの中心部の、まさに街中で、馬と出会いました。
a0055525_6285543.jpg
ロンドン警視庁の騎馬警察隊(Mounted police)。ただ今信号待ち。

馬が車と一緒に道路を利用して闊歩しているのは、不思議な光景に見えます。

騎馬警官隊の任務は、路上駐車の監視や自然の広がる場所などのパトロールのような、パトカーでは管理しづらい場所で業務に当たるときや、暴動の対処のように、人々を威圧させて解散させやすくするための任務に当たるときに、利用されるそうです。ただ、必ずしも実用性だけを考えているシステムではなく、シンボル的な意味も含まれているとのこと。

カナダにも、(中央/王立)カナダ騎馬警官隊(略称:RCMP - Royal Canadian Mounted Police)がいました。毎日出会っていたような覚えがありますが…、それは毎日天の川やロシアの偵察衛星の軌跡が見える、空気のきれいな場所(=カナダ一田舎)にいたためでしょう。良い思い出です。

また道路上では、馬と同時に、自転車で疾走する女性もみかけました。
a0055525_1251717.jpg
道路の真ん中で信号待ちをしている女性。

ロンドンでは、自転車は歩道ではなく、道路を走ることが規則になっています。ただでさえ、信号をしっかり守らないドライバーが多いように見受けられるロンドン。このような中での自転車走行は、はたから見て、命がけです。私にはムリ。
[PR]
by gwenlondon | 2006-03-17 12:07 | 今日の出会い
今日の出会い -2-
ロンドンは相変わらず寒いですが、最も寒い時よりも緩和してきました。3月21日の春分ももうすぐ。そしたらきっと温かい太陽の光が……。

ともかく、今日は念願のカモメを撮影することができました!!
ヾ(≧▽≦)yイェーイ!
室内に「早起きをし、食事を取ったら、何も考えずに図書館へいきましょう」と張り紙をし、実行したためでしょうか(自室にいると、ネットサーフィンをしたり、メールを意味なくチェックしてしまったりするため)。
早起きは三文の得ですね。
テムズ川沿いを歩いていたら、年配のご夫婦がカモメにえさを与えていて、その場にちょうど遭遇したのでした。ほんの5分のシャッターチャンス。もし5分遅かったら、もしくは早かったら…。偶然とは不思議なものです。

しかも普段あまり見ないかもめがいました。それは、黒い顔のカモメ!(名称不明…)
a0055525_8305730.jpg
怪傑ゾロ風の、黒いマスクをして、おしゃれなカモメ。

もちろん、マスクを被っていないカモメもいます。
a0055525_832746.jpg
見つめられて恥ずかしいワと、カメラ目線のカモメ。

両者、よく肥えています。美味しそうです(なんちゃって)。
皆んな、よく見ると顔つきが違うのも、見ていて楽しいですね。そして両者ともえさの奪い合いのデッドヒートを繰り広げていました。
a0055525_8331722.jpg
大空を羽ばたく黒マスク。

a0055525_8333424.jpg
今回見たかもめたちの多くは、顔が黒く、白カモメはあまりいませんでした。どうしたのだろう。

かもめのえさの奪い合いは壮絶です。人間がエサを投げると、エサが落ちていく放物線上で待ち構えてキャッチしたり、放物線がまだ上に向いているときに奪ったりと、高い技術を持っています。また、大きなエサをとった場合、他のカモメがえさをとったカモメを追いかけて奪いに行くこともあります。飛びながら背中を突っついたり、毛を引っ張ったりと、中々大変です。

もちろん、仲良しのときもあり、時々空高いところで仲良く、あまり羽ばたかず、気流に乗って、十数羽が一緒にグルグル旋回している様子は気持ちよさげで、何だか私も幸せになります(←単純?)。

追伸:↓下記の皆様のコメント、勉強になりました。ありがとうございました。とても長くコメントしすぎてしまい申し訳ありません。異論反論がありましたら、是非ご教授ください。

現況…
[PR]
by gwenlondon | 2006-03-16 08:48 | 今日の出会い
今日の出会い -1-
テムズ川沿いを50分かけて通学していますが、その際、色々な鳥を見かけます。今朝(9日)の通学時に、大きな鳥がタワーブリッジ(Tower Bridge)近くの芝生にいました。名前は分かりませんが、カモの仲間と思われます。足も太めで頑丈そうです。

a0055525_14382814.jpg
近づく撮影者を見て、「もしかしてエサをくれるの? 」という思いを持っている(ように見えた)とり (追記:うずらさんより、この鳥は「まがん」と分かりました!うずらさん、ありがとうございます☆)

a0055525_14422410.jpg
あいにくの雨空でしたが、記念にタワーブリッジと一緒にパチリ。人が歩いている近くに、大きな鳥が普通にいる、不思議ですね。しかも、あまり多くの人は、関心を寄せていないし。

a0055525_1456369.jpg
こんなに大きいのに、本当に飛べるのかしら…。ロンドンの人は鴨鍋を食べないからって、安心しているのかしら(笑)。

1979年より、テムズ川サケ基金(Thames Salmon Trust)と、こちらに協力するUnilever、ロンドン市などが、テムズ川の水質の改善に力を入れていることもあり、現在テムズ川では、鳥については38種類が生息しているとのこと。一番良く見かける鳥は、ハトとカモメ。こちらのハトは、飛ぶよりも道を歩いていることが多く、カモメは、いつも飛んでいます。その他、りすもよく見かけます。

Unileverは、消費財(マヨネーズ、バター、冷凍食品、飲料水、その他食品)を手がける会社ですが、テートモダン(Tate Modern)博物館などの公共施設に寄付もしている会社です。日本リーバの親会社?

なお、うずらさんのサイトの美しい鳥の写真にあこがれ、2か月前くらいから、とりの写真を撮ってみたい!!と、時々頑張ってきました。これまで挑戦してきた一番身近な鳥、カモメは、カメラを向けると大喜び(?)で目の前を頑張って飛び回ってくれるため、上手く撮れず…。カメラを持っていないときに限って、このカモはタワーブリッジに現れるし…。ということで、今日はじめて、カメラを持っている時に、あまり動かない彼らに出会い、やっと取れた写真が上記です。やっぱり昨夏買ったデジカメを持って来ればよかったなぁと思っています(今の相棒は6歳。でも頑張ってくれています)。…次はカモメに再挑戦!

-------------

ところで今日のロンドンも、変な天気でした。
晴れ→雨→曇り→太陽がのぞく→雷を伴う激しい豪雨→曇り+虹(2本も!)→晴れ。雷は、大気に暖かい上昇気流が流れることで発生すると聞いたことがあります。ということは、もうそろそろ春? 楽しみです。
ヾ(≧▽≦)y

今日はセミナーで発表をしました。言いたいことはまぁまぁ言えてよかったなぁと思いつつも、昨晩は1時間半しか眠らなかったので、夕方6時には就寝、今朝は5時に起床です。この調子で、早寝早起きを実践するよう努力します(笑)。
[PR]
by gwenlondon | 2006-03-10 15:14 | 今日の出会い
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon