カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
失踪者を発見!
大変ご無沙汰しております。Gwenは生きております。タワーブリッジに生息していました。

9月初めに修士論文の提出を終えました。ヾ(↑▽↑)ノ
そして就職活動をしているところです。......φ(。。;;)

まず、修士論文の内容は、

Can we make Afghanistan join the Democratic Zone of Peace by Imposing Democratic Frameworks?

サクッと訳すと、民主主義同士は戦争をしない、つまり民主主義国家間は平和的であるという理論があるが、非民主主義国に民主化を押し付けることで、その国が他の民主主義国家と平和的な関係を構築できるのか、民主化を押し付けられた国家の国内を平和的にさせることはできるのだろうか、というような意味です。ご関心のある方は、下記に短い概要を乗せましたので、ご覧くださいませ☆

ちなみに、短期的には NO という結論です。
(国際社会が100年、200年という歳月と、惜しみない大金をかけたら、もしかしたらYESに成りうるとも言えるので、「短期的」という表現を使っています)

せっかく書いた修士論文、何とか生かしたい! と強く思っており、少し改良を加えた後、元の職場の人などに送り、意見を求め、さらに改良をして、どちらかに提出したい、とも思っているところです。…だって、せっかく書いて生み出したものですもの、この2か月の努力と修士論文を生かしたい、とも思うのです。でも、どうやって活かせばよいのかというのも、まだまだ考える余地があるようです。時間も心もかけましたし、就職活動でも利用したいところですが、民主主義を広めることに関心を持っている組織って…どなたかご存知でしたらご紹介くださいませ☆

バールと市場へ出かけて以来、Gwenは何をしていたかと言うと、一言で表せば、というか、一言で表せるくらいシンプルですが、

修士論文のために必死で書物を読んでいた...φ(。。;)

でしょうか。多数の書物やエッセーを、苦労苦痛を伴いながら読み解き、夏のロンドンを満喫することもなく、外出することもなく、寮、もしくは時々図書館で、2か月を過ごしました。

なぜなら、自分の読まなくてはならない書物を調べてみたら…、2か月弱では、足りないのでは?!という疑問が発生したためです。

おかげさまで、少しだけ英文を読むスピードがアップした気がしますし、日焼けもせず白肌キープができましたが、反面、イギリスにいて、イングランドを旅行したことがないという、つまりイギリスのことが全然分からないで日々を過ごす事になってしまいました。結局は、近所のロンドン塔・タワーブリッジと、学校の周辺しかしらないで帰国の日を迎えることになりそうです…。

ですので、帰国前には、ウィンザー城くらいは行ってみたいと、ささやかな願望を持っております。

とはいえ、12月の卒業式を迎えたら最後、もはや無職になるためΣ( ̄□ ̄;)ガビーン、就職活動も頑張ります~。

ご無沙汰し、ご心配をしてくださった方、本当にありがとうございました。

m(_ _)m




---

概要(拙訳)

民主主義を非民主国家に押し付けることで、その国家に平和と安定をもたらすことができるという、広く浸透している考えには疑問がある。この論文では、非民主国家の民主化計画を調査することを目的としている。まず論文では、自由民主主義が平和であるという理論の論拠、証拠、批判に焦点を当てる。またアメリカの外交政策とそれに対する批判に焦点をあて、非民主主義国に民主主義をもたらすことの可能性を模索する。上記の考察を元に、民主主義を根付かせるために必要とされる5つの条件(市民社会、政治社会、法による支配、国家官僚機構、経済社会、各5条件の存在)を検討し、それらをアフガニスタンの状況に適用する。結論では、アフガニスタンは上記5つの条件を満たしていないこと、国際社会の長期的展望の欠如から、民主主義を推し進めて平和をもたらすことは困難であることを論じる。


ABSTRACT

The largely held belief of implementing democracy for peace and stability in a non-democratic state is questionable. This research is aimed at examining the democratization projects in non-democratic states. It assesses theoretical arguments and the evidence on whether democracies are more peaceful or not undertaking the case of Afghanistan. The paper focuses on the liberal democratic peace theory; its arguments, evidence and criticism. And then it attempts to find out the possibility of successfully implementing democratization in non-democratic states by referring the American foreign policy and its scepticism. Based on the above examination, this paper will apply five essential conditions; civil society; political society; rule of law; a state bureaucracy; and economic society; for consolidating democracy by using the current situation in Afghanistan. It concludes with the difficulties of pushing Afghanistan into the democratic zone of peace by using democratic frameworks, considering the lack of fulfilment of conditions for democratisation, as well as the short term interest and support of the international community.
[PR]
by gwenlondon | 2006-09-20 12:20 | 生活
<< ロンドンからの発信は終わります インドから来たバール、タコに出会う >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧