カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
Revision session
2006年 5月 9日(火)
ロンドン 晴れときどき曇り

今日は「Conflict and Peace Studies(紛争と平和研究)」コースの復習クラスがありました。

このクラスでは先生が教壇に立ち、試験対策のためにどうやって勉強するかを概説、その後、学生が試験について、質問をするというクラスです。勉強の復習をやってくれるのかと思ったら、様子が違ったのはちょっとガックシ。

先生が基本的に話していらしたのは、
「demonstrate what you learnt and internalized. Quality not quantity.」

・質問が何を聞いているのかを明確にすること。
・答えは明確に書くこと。基本的に回答は4種類ある。
 -Yes
 -No
 -Yes, but...
 -No, but...
・質問を答えるに際し、問題の背景、明晰さ、問題の提示、議論をすること。
・事例(例:ルワンダの虐殺、リベリアでの反乱…)を使うこと。
・1時間で1問を解くのに、知っていることを全て書くのは無理であること。
・たくさんの本を参照することは重要だが、同時に「自分はどう思うのか」を書くこと。
・過去の問題の回答をの丸暗記は、絶対にしないこと。それは使えないような問題を作っているため。

なお、過去に人気のあった質問は、
・貪欲と不満(Greed and Grievance)
・ナショナリズム(Nationalism)
・第三者による仲裁(Third party mediation)

何気に、私がすでに立てた勉強計画のものと重なっていたので、良かった☆

学校があると本当に嬉しいです。授業後の教室で、クラスメートと、元気~?と互いの腕を叩き合ったり、勉強のことを聞いたりして。人との交流がやっぱり大好きなのです。今日もクラスメートと、以前からしていた勉強会の具体的な話を進めました。来週には始まります。メンバーは皆んな、私の同業他社系の職業経験のある学生たちで、つまり、全員そろって熱い理想を持ちつつも、大変現実的。まぁ、それはそれで、私の立場を強固にしてくれるのでよしでしょう。

クラスが終わって帰路についたのですが、なんだか皆んなと会えて、楽しくって、にやけて歩いて帰ってきたのでした。



----------------

夕食を食べて少しだけ眠った後、勉強を始めたら、別のフラットのバールから電話。インドから来た彼は、ITと政治経済についての勉強をしています。彼は試験日が早く、すでに2つの試験を受け終えた後で、今日は勉強しないから、お茶を飲みにおいで!ということ。彼のフラットには、同じセミナーを一緒にとっている、ジューもいるので、よく3人でキッチンでお茶するのです。なので、オートミールのクッキーを持ってその二人に会いに行きました。

バールは、真面目でまっすぐで、ある意味、率直過ぎて時々人を傷つけることもありそうな人ですが、私から見たら、真っ直ぐなところが信頼に値する人です。あと兄貴肌で、世話焼きないい人。そのため話は、試験勉強の経験談。試験はこうやって受けた方がいいよとか、本はこうやって読むといいのさ、とか、そんな「助言」を沢山してくれました。ジューは、兄貴肌のプロヴを嫌がっている部分もあるのですが、何やかんや言って、二人ともいいコンビ。ジューとはいつも、クラスで一緒の席に座っているので、仲良しでもあります☆3人で、試験が終わったら皆んなでフェリーに乗って「アイル・オブ・ホワイト(Isle of White)」に行こうとか、そんな話を1時間半程して、現在、夜の1時。これからもう少し勉強して休もうと思います。
[PR]
by gwenlondon | 2006-05-10 09:11 | 勉強
<< 通学路で見られるお花たち 元上司からのメール >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon