カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
フラット・ポリティクス
今日も含めて3日間、部屋で勉強をしています。とても集中できていて、何気に満足です。

時々、お買い物に行ったり、隣のフラットの日本からの男子学生と一緒に料理をしたり、手際が悪いのを見て「これで嫁にいけるのか?」と突っ込みを入れられ、軽く逆切れしたりして、暮らしています。

最近、フラットの中国学生は変わらず掃除をせず、キッチンは大変なことになっていますが、ここは中国と思えば、何のその、気になりません。

それより、気になるのは、隣の部屋の学生のこと。

彼は、中国ソサエティーのナンバー2であるためか、試験前にも関わらず、知り合いを毎日毎晩のように部屋に呼んで騒いでいます。

で、(往々にして中国系の人は)声が大きいので、会話が筒抜け。彼らが何を話しているか、内容の詳細までクリアーに分かるわけです。電話で人を罵っているときも、約束を取り付けているときも。音楽をかけていると、重低音部分だけが壁を通ってきます。

耳栓をして勉強しているので、何ら問題はないのですが、今朝、彼の電話で目覚めたことから、「あなたの会話筒抜けよ、トーンを下げたほうがいいよ」と伝え、聞こえてきた内容を教えてあげました。誰だってプライベートの会話を聞かれるのは嫌でしょうし、トーンを下げれば他の人からは聞こえなくなるよ、と思って。

そしたら意外な反応。笑顔で…、

「ボクは、隠し事をしないんだよ。何でもオープンなんだ。今もデートの約束を取り付けて嬉しくってみんなに知ってもらいたいくらいだし。ボクはプライベートを知られても、気にしないんだよ。」

意味不明だし! Σ( ̄□ ̄;)

プライベートに対する考え方の違いかもしれないが、私は少なくとも自分のプライベートの会話内容や行動を人に聞かせたくないし、他人のそれを知りたくもない。音楽も音量が大きいと伝えたところ、

「映画をよく見るし、友達が多いからね。君の部屋は、静かすぎる」

さらに意味不明だし! Σ( ̄□ ̄;;)
会話が成り立っていません。私の伝え方に問題があるのかな。

私は自室に他人を呼び込むことを好まないし、試験勉強しているから。他のフラットに呼ばれて食事をすることが多いけど、それとこれとは関係ないよ、と言わなくてもいいことを言わざるを得なくなり、ともかくトーンを下げてね、と了承してもらいました。

キッチンが汚いといえば、「家にはお手伝いさんがいたから」と返事が来たり、電話やお部屋での会話が聞こえるといえば「友達が多いから」「デートの約束をしたから」「映画をよく見るから」。他の会話でも、こういった類の返答が帰ってきます。

これらの問題には、個人のプライベートは関係ないのに、それを自分のことを話すことで差し替える。これには、何の含意があるのだろう。

これだけのものをボクはもっているのさ、とか、これだけの人をボクは知っているのさ、と日々アピールすることが、彼らのコミュニティーでは大切なのかな。

でも、同時に、他人が使っている生活用品、何を食べているか、どこで何を買い物しているか、誰とどこで遊びに行って、何をしているかを知ることにも関心がある。人は、他の人がどうしているのかに関心を持つものだし、それ自体良いと思うけれども、それを露骨にあらわされると、やっぱり心地よくはありませんね。例えば、食事中に、お皿の中をのぞき、眉を軽く吊り上げて「フーン」とか言われるののは不快…。彼らの場合、覗き込まれることが、当然の環境で育ったのかもしれない。文化の違いから生じる、プライベートに対する考え方の違いなのかもしれません。

仲の良いフラットなら、今日はこういうことするんだよーとか、カワイイ服買っちゃった☆みたいなのが、会話で軽く出てきたり、情報交換すると思いますが、このフラットは、本来、そういう雰囲気ではありません。

ともかく、まだ皆さん若いのでしょうが、上記アピールに関して言えば、問題に対応している態度ではなく、少なくても、コミュニケーションは成り立っていない。

日々のフラットメートたちの会話や関係から、フラットのポリティックス(駆け引き?)を感じてはいたのですが(私は中国人じゃないので、'基本的' にはこのポリティクスの範囲外)、もしかしたら、この「プライベートをことさらに、アピールする」ことも、フラットのポリティクスの一貫なのかもしれません。

むしろ、中国人コミュニティー特有のポリティクス?

フラット内、もしくは学生のグループ内で、生活をアピールして、優位を確保しても仕方ない気がするので(少なくても卒業試験の点数は上がらないし)、お疲れのことだなぁとおもいます。

3人以上人が集まれば、ポリティクスが発生するのでしょうが、この中国のグループたちのポリティクスを、その枠外から見ているのは、面白いながらも、この枠内に入り込んだら、大変だっただろうなぁと思ったのでした。
[PR]
by gwenlondon | 2006-04-19 22:29 | 生活
<< 青いダブルデッカー(Doubl... 宣言 >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧