カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
グラスゴーへ ~ 4日目 ~
「今日は朝から学生への指導があるから、9時半には出かけるよ」ということで、友人が勉強し、仕事もしているThe Glasgow School of Artへでかけました。

a0055525_263025.jpg
この建物は、チャールズ・レニー・マッキントッシュ(Charles Rennie Mackintosh)が設計したというもの。大変な有名人が多数卒業しているそうです。

British Councilのサイトによると、
グラスゴー美術学校(GSA)は、その長い歴史の中で常に、斬新でクリエイティブそして優秀なアーティスト、デザイナー、建築家を世に送り出すことを目指してきました。GSAの授業と研究の質の高さ、さらにはGSAがグラスゴーやスコットランドをはじめ広く他の地域の芸術界や業界に果たす役割に惹かれて、世界中からアーティスト、デザイナー、建築家の卵が学びに来ています。
とのこと。アート系の大学院でもレベルの高い学校です。

友人はこちらの修士課程を終えた後、ビジュアルアートではイギリス・ナンバーワンのロンドン大学のGoldsmithカレッジの博士課程に進学することに。

一般公開している場所を見ても、遊び心が行き届いた学校でした。
a0055525_2514537.jpg
Directorの部屋への入り口

友人との待ち合わせ時間が車で、こちらの学校内を散策。ガイドさんに連れて行かれた場所は全て写真撮影は厳禁だったため、写真は取れませんでしたが、いたるところに芸術作品が置いてありました。学生の衣服もこだわりを感じますし、絵の具だらけのエプロンをした学生や、多国籍な人たちが沢山。とても賑やかです。また、この学校では、日本の文化服装学院がとても有名だそうで、同学院へ留学する人も多いとのこと。

友人を待つためにブラブラしていたら、なんと、グラスゴーに来る前に再会した方に学校の構内でバッタリ! What a coincidence!

友人と再会した後、マークスアンドスペンサーでお弁当を購入し、友人の知人のアート工房でランチをしたあと、友人宅に戻りティータイム。イギリスでは、テロリズムについてポジティブな印象を与えるようなことを公の場で話してはいけないという法律が可決されて、この日に施行されたという話から、人生観までじっくり話しをしました。こういう踏み込んだ話ができる相手がいるのはよいことです。
a0055525_240098.jpg
作業中の友人。

その後、グラスゴーの公民館で開かれているピラティス(Pilates)の講座に参加。ピラティスとは、要はエクササイズで、身体のコアを鍛え、姿勢のゆがみを整えたり、身体バランスを回復するための運動です。腹筋を中心に、長く収縮性の大きいゴムを利用して全身の運動をします。

おかげで筋肉痛と疲労を得ることができ、帰りのバスではよく眠れました(笑)。

色々お世話になったということで、夕食は地元のベジタリアンのレストラン「grassroots cafe」でご馳走してあげました。
a0055525_2265144.jpg
フライした、リゾット。

面白いことに、クラスメートも含め、私の周囲の人たちのほとんどは、ベジタリアン。友人も同じく。ちなみに、これまでであったベジタリアンの人たちで、日本に着たことのある人たちは口をそろえて「日本でベジタリアンだと周囲に伝えると、『ああ、美味しいお肉を食べたことがないのね』と言われ、まるでお肉が嫌いだからベジタリアンになったと思われる」そうです。

最近、テレビでも、養鶏場や牧場の実態などを放送していることから、それに幻滅してベジタリアンになる人が増えているように見受けられます。スーパーでお肉を見かけると、「オーガニック」表示のあるものとないものの2種類が販売されていることが多く、値段にも差がつけられています。食品の品質について、販売側の意識にも上っているようです。

(以前行った、長崎県福江のスーパーには、現地の農家の方々の写真が一つ一つの野菜に添えられて飾られていたのを思い出しました。)
a0055525_227791.jpg
トルティーヤ

短期間ながらとてもゆったりとした旅行でした。本当は友人が毎日のように、グラスゴーは何もないから、バスで1時間半の場所にあるエジンバラへ行こうと言ってくれたのですが、半日だけ現場にいて、行ったことにしてもつまらないので、次回時間をかけて訪問したいと伝えました。

今回は何か特別な物を見るのが目的ではなく、自分の心に時間をかけてあげることが目的だったことから、ゆったりと時間を過ごせたのは大満足でした。寮の自室に次の日の朝8時過ぎに到着、まるで1年くらいロンドンに戻ってこなかったような気分でした。これから、勉強に打ち込めそうです♪
[PR]
by gwenlondon | 2006-04-16 04:42 | グラスゴー
<< グラスゴーへ (おまけ) バス... グラスゴーへ ~ 3日目 ~ >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧