カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
今日の出会い -2-
ロンドンは相変わらず寒いですが、最も寒い時よりも緩和してきました。3月21日の春分ももうすぐ。そしたらきっと温かい太陽の光が……。

ともかく、今日は念願のカモメを撮影することができました!!
ヾ(≧▽≦)yイェーイ!
室内に「早起きをし、食事を取ったら、何も考えずに図書館へいきましょう」と張り紙をし、実行したためでしょうか(自室にいると、ネットサーフィンをしたり、メールを意味なくチェックしてしまったりするため)。
早起きは三文の得ですね。
テムズ川沿いを歩いていたら、年配のご夫婦がカモメにえさを与えていて、その場にちょうど遭遇したのでした。ほんの5分のシャッターチャンス。もし5分遅かったら、もしくは早かったら…。偶然とは不思議なものです。

しかも普段あまり見ないかもめがいました。それは、黒い顔のカモメ!(名称不明…)
a0055525_8305730.jpg
怪傑ゾロ風の、黒いマスクをして、おしゃれなカモメ。

もちろん、マスクを被っていないカモメもいます。
a0055525_832746.jpg
見つめられて恥ずかしいワと、カメラ目線のカモメ。

両者、よく肥えています。美味しそうです(なんちゃって)。
皆んな、よく見ると顔つきが違うのも、見ていて楽しいですね。そして両者ともえさの奪い合いのデッドヒートを繰り広げていました。
a0055525_8331722.jpg
大空を羽ばたく黒マスク。

a0055525_8333424.jpg
今回見たかもめたちの多くは、顔が黒く、白カモメはあまりいませんでした。どうしたのだろう。

かもめのえさの奪い合いは壮絶です。人間がエサを投げると、エサが落ちていく放物線上で待ち構えてキャッチしたり、放物線がまだ上に向いているときに奪ったりと、高い技術を持っています。また、大きなエサをとった場合、他のカモメがえさをとったカモメを追いかけて奪いに行くこともあります。飛びながら背中を突っついたり、毛を引っ張ったりと、中々大変です。

もちろん、仲良しのときもあり、時々空高いところで仲良く、あまり羽ばたかず、気流に乗って、十数羽が一緒にグルグル旋回している様子は気持ちよさげで、何だか私も幸せになります(←単純?)。

追伸:↓下記の皆様のコメント、勉強になりました。ありがとうございました。とても長くコメントしすぎてしまい申し訳ありません。異論反論がありましたら、是非ご教授ください。



---------------------------

現在は、エッセーに取り掛かっており、アクセクしております。しばらくは2日に1度の更新となるかもしれません。エッセーの議題は「ASEANは加盟国の利益にかなった団体か」。回答を要約すると「利益を何と定義するかによるし、EUと全く異なる前提を持つ地域機関であるが、アジア的価値観の中では、それなりに役立っているのではないか」ということを書いています。そろそろ終わるはず…フフフ~。
[PR]
by gwenlondon | 2006-03-16 08:48 | 今日の出会い
<< 今日の出会い -3- 先日のショッキングなニュース >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧