カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
ロンドンの大学院内にあるパブ(Pub)
今日のロンドンは最高12℃!! いきなり(生)暖かくなりました。雨が降っていたため、温かい服を着て出かけたのに、汗をかいてしまうくらい!

今日は、初めて、大学院のキャンパス内にあるパブ(Pub)へ行きました。
私の所属する学部の、今学期終了パーティー(End-of-Lent Term Party)が開催されたためです。そして、初めて学内のPubに入りました。

a0055525_7351245.jpg
キャンパス内にあるPub。キレイです。

そう、ここで日本の学校とは違うところがあって、イギリスの場合、学内にお酒を飲む場所があるのです。大学院内には3か所あったかと思います。飲酒は18歳から可能であるため、大学生は皆、基本的に飲める年齢です。なので、Pubが存在できるのでしょう。国や文化が変われば、飲酒への考え方も変わるのですね。

英国ビール・パブ協会(British Beer & Pub Association)によると、成人の10人に8人がパブに通い、1500万人が週に最低一度、パブで飲酒するとのこと。生活に本当に身近なことが、見て取れます。また、クラスメートのイギリスの学生によると、「お酒を飲むのが文化だからね~、学生はもしかしたら、Pubのない大学には進学しないかもというくらい、Pubは大切なのよー。ビールはお酒に入らないし」、とのこと…。

こちらで有名なビールは、主に3種類あります。ラガー(Lager)、スタウト(Stout)、エール(Ale)です。ラガーは、元々イギリスではなくドイツに合ったものだそう。スタウト(Stout)は、ギネス(Guiness)が代表的で、エール(Ale)はバス(Bass)、バリントン(Bolington)、ロンドンプライド(London Pride)が有名だそう。エールは、常温で提供されます。それ以外にも、サイダーという炭酸のアルコールも有名で、ブラックソーン(Blackthorn)、ストロングボー(Strongbow)が上げられます。(←全て、Pubでバイト経験のあるクラスメート談)。

昨年11月までは、Pubの営業時間は国で定められた、11時~23時までとなっていて、それ以降は、売ることができませんでした。しかし法律が変わり、今では許可を得ているPubは夜中になっても販売可能です。(参照:BBC)

その学校のPubも月曜~木曜は11時~23時、金曜は11時~夜中2時、土曜日は夜19時~2時まで、開いています。そして、ラストオーダーになると、大きな鐘を鳴らしてお店中の人に知らせ、そして時間通りに人々を追い出します。

本当に面白いなと思うのは、日中からPubで、お酒を飲んでいる学生がいるのですよ。11時から開店というのも早いですし、飲酒は18歳から許されるとは言え、お昼からお酒を飲んで、勉強は大丈夫か?! と心配になりますが…。お酒に対する考え方も、日本とは違うみたい。こういう生活文化に関わる側面の違いを見つけるのは、楽しいですね。

パーティーは、普通に楽しかったです。明日のプレゼンテーションの準備もあるため、オレンジジュースだけで済ませ、また、お菓子もいただき、会話に興じました。

a0055525_735511.jpg
地下一階にあるPubで、パーティー開始。こちらがカウンターです。

a0055525_7363367.jpg
段々人が集まってきました。ちなみに、一番右下の男性は、クラスメートのダリネル。

a0055525_7372491.jpg
準備されていたおつまみ・食べ物コーナー。トマト、ディップ、チップス、赤い色の鶏から揚げ…。あっという間になくなりました。皆んな(私も含めて)育ち盛りです。ワインとジュースも無償で振舞われていました。

a0055525_7381081.jpg
こちらは一階のPubですが、週の真ん中の水曜日なのに、飲んでいる人はこんなにいます。奥にはスロットマシーンやビリヤードのプールが。喫煙者が多くて、スモーキー。

教授方も参加したこのパーティー、彼らと会話しながらお酒を飲むって、とても不思議な感じ。でも、それだけ先生方が学生と近い視線で接しているとも言えますね。ほんと、こちらの大学院の先生は身近にいる感じがします。

普段、時々しか会えない知り合いと会い、色々な人とホッペを付け合って挨拶して、楽しかったです。でも、このホッペ同士の挨拶って、何なのだろう…。日本の人がお辞儀するのと同じ感覚なのかな。カナダも毎日こんな感じでしたが、これまで考えたことなかった…。

そして、何よりも、皆んな勉強に疲れているからでしょうか(?)、お酒を飲みながら勉強の話は一切しない! 気分転換の仕方を知っているのでしょうね。とても心地よかったです。
[PR]
by gwenlondon | 2006-03-09 08:37 | Experience UK
<< 今日の出会い -1- ちょっと買い物天国 >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon