カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
独白(という程のものでもないですが)
さっきまで勉強していたのですが、寮内の学校LANが断線して(最近多発)、必要な情報を得られなくなり、今日は勉強を断念しました。このところLANの断線が多く、困ったものです。どう勉強に影響するかというと、作っているワードの文章が保存できなくなるとか、授業で使用されていたパワーポイントやジャーナルなどを取り出すことができなくなるため、困るのです。

もう十分勉強したし、あとは寝るだけなのですが、1日部屋に閉じこもっていて、街を歩いていないため、今日も日記です。

実は、今週は私の誕生ウィークです。
ヾ(≧▽≦)yイェーイ!

社会人経験者だし、誕生日と大騒ぎするのも恥ずかしいし、誰にも言うつもりはありません。でも、それはそれで寂しいので、サイトだけに書いちゃいました。だって誕生日は、やはり自分にとって特別な日ですもん。1人で誕生日を過ごすのは、初めてですもの…。カナダにて働いていたときは、上司の秘書さんが、部内の全員の誕生日を把握していて、朝オフィスの机が風船で一杯になっていたとか、ケーキをご馳走になったとか、おすし屋さんでお祝いして、徹夜で踊りに行ったとか、そういういい思い出があるのですが、ロンドンではありえないですね。でも、人生の一ページの題名として、この留学生活を「異国で孤独と戦いながら勉学に励んだ日々」と名づけるとしたら、一人で過ごす誕生日は、題名にふさわしく、いい思い出になりそうと思っています。(←いや、本音で!)

なお、私の友人と「なぜ誕生日を祝うの?」という議論を交わしたことがありますが、この会話もちょっとした理由となっています。あと、他のフラットの誕生日会に何度かお邪魔したことがありますが、そこはフラットメート同士が仲良しで、私のフラットはとても個人が独立しているフラットなので、言えないというのもあります。それ以上に、もう誕生日を公言する年齢でもないかもと…(爆)。

でも、当日はケーキを調達する! と心に誓う、ロンドンの夜でした。



-------------

昨日、日本の友人からプレゼントが届いたのです。

a0055525_12424513.jpg
大学生の時、長期のバイトとしては家庭教師を、短期のバイトもしていました。そのうちの1つが、某大手電気会社のオフィスでのバイト。そこで知り合った友人から届いたのが何かというと、インターネットで会話するのに使えるカメラと、箱の隙間を埋めるかのように入っていた、お菓子でした。

このお菓子の選択、シュールすぎて、うれしかったです。うまい棒なんて、初めて食べたのが高校生だったと思います(駄菓子デビューが遅かったのです)。チーズケーキ味のチョコレートも、昨日食べたCafe Valerieのケーキより美味しかった気がします(笑)。こちらのお菓子は、甘い=BESTくらいの勢いなので、日本のお菓子の繊細さを改めて感じました。

a0055525_12543158.jpgカメラは、すごく嬉しかった! なぜなら、これでmsn chat もしくは Skype を通じて友人たちと顔を合わせて会話ができますもの!
(=適当な服装では電話できないということ)
Σ( ̄□ ̄;)

この人は、私がカナダで勤務していたときにも、同じような物を送ってくれました。そのときは、無印良品のお菓子と何か不思議な駄菓子。覚えていませんが、お返しに、カナダのお菓子(普通のちゃんとしたお菓子と、ゼリーが入った水鉄砲とか変な物)を送ってあげたら、税関で引っかかり、その方に届くまでにかなりの時間がかかったのを思い出しました。あと、額縁に入った似顔絵とかをくれたこともありました。よく誕生日を覚えてくれているなぁといつも感心し、私の1か月後にある友人の誕生日に、お返しを送っているのです。もう数年会っていないなぁ。

やっぱり、誕生日は、何歳になっても嬉しいものだなぁと思ったのでした。
[PR]
by gwenlondon | 2006-03-02 13:15 | 生活
<< テレビのライセンス料 Cafe Valerieと先生... >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧