カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
ちょっと嬉しかったこと
風邪はほとんど治りましたが、夜中だけ咳に悩まされています。
喉がちくちく痛むのです。どうしたことか。副交感神経がどうやらという話を聞きましたが、夜遅くまで起きているのはあまり良くなさそう。

昨晩も夜中2時半に、ひどいゴホゴホをしていたのですが、隣の部屋のフラットメートが部屋を訪ねてきて、中国の薬をくれました。(注:こちらのフラットは皆んな、4時頃まで普通に起きています。)
11種の中国のハーブと蜂蜜が混ざった液体薬です。

a0055525_910055.jpga0055525_9114298.jpg右:京都 念慈菴 蜜煉川貝枇杷膏(King To Nin Jiom Pei Pa Koa) なる、液体のど薬。京都という表記があるけれども、香港製。

左:(薬ではないけど)私のビタミンCの摂取源、ミニッツメードのオレンジジュース。粒入りがお気に入り。

薬は、真っ黒な液体で、トロっとしています。味はとても甘い。スプーン1さじで喉がスーッとします。喉のかゆいのは少し収まりました。

先ほどキッチンでそのフラットメート(通称:コメット Comet。たぶん本名に"彗"という漢字が付くのではないかと推測)に出会ったときに、「効いたでしょ、効いたでしょ!」と喜んでいました。

中国の学生からは一目置かれ、大学院の中国ソサエティーの副会長に抜擢されるコメット。いつも、夜中に音楽を鳴り響かせて仲間と大騒ぎするし、お風呂場を水浸しにするし、キッチンをちらかしっぱなしにしたりするけれど、人間的にはいい人だなと思いました。

こういうご親切はいずれ必ず、何らかの形でお返ししないとね。

ちょっと嬉しかったことでした。
[PR]
by gwenlondon | 2006-02-27 09:54 | 生活
<< 菜の花と陽光に包まれたアヒル 難民・外国人受け入れ記事に思う >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon