カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
2月22日の日記
今日のロンドン、とても寒かった~(((+_+)))ブルブル
でも、温かい思いを沢山することができました♪今日は(も?)、かなり普通の日記です。
---------------------------------------------------

まず、大学院で先生方にお会いする約束の時間よりも余裕を持って外出、寮の外で、ドイツからの学生、クレメントにバッタリ。彼も風邪を引いていたので、イギリスでは、レンシップ(Lemsip)という風邪薬が一番有名だそうよ、とか、色々な種類の風邪が流行っているみたいという意見交換をし、鳥インフルエンザは人間に影響するのだろうかという話などをして、お別れしました。クレメントとは、寮で顔見知りですが、それプラス、月曜の朝、時々図書館前でバッタリ会い、バッタリ会うと、図書館前のカフェでお茶をする、お茶飲み仲間です。この前は紅茶をおごってもらい、ドイツと日本の難民受け入れ状況について議論。次回バッタリ会った時は、私がお茶をご馳走して、経済学の哲学をクレメントに説明してもらうことになっています。

それから、タワーブリッジへ向かう途中、近所のカフェのご主人と目が合ったので、カフェで例によってチョコレートドリンクをご馳走になりました。その際に、何故、日本人は若く見えるのだろうということで議論になりました。挙がった論点は;

お肌のお手入れをきちんとする:私のよく話すクラスメートによると、誰一人、洗顔後に何らかのお手入れをする人はいないですが、日本の女性は確実に皆んな、何かしているはず。日本では男性用のお化粧水なども売り出されるくらいだし。
日焼け止めを欠かさない:こちらの方々は太陽が出ると、日向ぼっこをするのが基本ですが、日本だったら日傘で対応しますものね。日本から持ってきた、紫外線チェッカーによると、曇りのロンドンでも紫外線は確実にあるし。
食生活が良い:サラダはボリュームがあるから、沢山食べた気になれますが、炒め野菜を食べる和の人たちは、実質的に多量の野菜を摂取しているもの。
気候が良い:ヨーロッパは全般的に乾燥している印象ですが、日本は一年を通して多湿の時の方が多いですね。ヨーロッパに漆器を持ってくると、漆塗りがはがれるのはこれが原因ですし。湿度がお肌に良い影響を与えていると思われます。
もともと、若々しい顔立ち?:彫りが深いよりも、平らな方が、若く見えるのかもしれない。ちなみに、高校生の時、大人っぽくみえる西洋人顔がちょっとあこがれでしたが、今となると、若くみえる期間が長いアジア人でちょっとお得な気分。

色々お話をしていたら、時間がなくなってしまったこと、何となくゆったりと学校へ行きたかったこともあり、地下鉄Tubeへ。
地下鉄構内の大判広告の多くが、海外旅行に関するものでした。バルバドス(Barbados)、キプロス(Cyprus)、メルボルン(Melbourne)、マルタ(Malta)…。これは3月末から4月上旬にかけての、イースターホリデーを意識した広告なのでしょう。南国…。青い空、灼熱の太陽、白い砂浜がいざなう海外旅行の広告に、曇り空が4か月以上続くロンドン(イギリス?)の住人は、惹かれるのでしょうね。いいなぁと思いながらも、とりあえずは卒業、修士論文! 今は、色々な方のサイトで見る美しい旅行記と旅行写真で、一緒に旅行へ行った気持ちになれるから、これはこれで幸せだし☆

学校に到着後、スーパーバイザーにお会いする前に、学部事務局で台湾海峡問題のエッセーを受領、中身を見ずに、スーパーバイザーを訪問。今エッセー受け取ってきたのですよ、と言って一緒に評価を読む。超いいことばかりが書かれていたので、2人で喜んだり、握手したりしていました。一喜一憂はいけないのですが…。

イェーイ! (ノ^▽^)八(^o^ )ノ ←こんな感じ

スーパーバイザーのノリの良さと、普段の面倒見のいいご指導は本当にありがたいですね。お会いする時とお別れする時はいつもお辞儀をなさるので(日本式礼儀?)、私も一緒に頭を下げたりして、何だか楽しい先生です。なお先生はギリシャのご出身で、英国人ではありません(笑)。
エッセーにあった唯一のネガティブポイント「参考文献をもっと増やすと点数が増えますよ」という点について、2,000ワードのエッセーで参考文献7冊は少ないから、もっと読もう、でも、卒業試験の場合には、参考文献の数は関係なくて、質問に直接答えられればいいからね、という意見をいただきました。とりあえず、順調だよ、この調子で行こう、オー! という雰囲気でした。

それから、他の先生のオフィスアワーに出かけ、修士論文のタイトルのお話をしようと、他の先生の研究室に出向いたら、…オフィスアワーと予約した日時は明日。自分で研究室の外側にある名簿に名前を書いたのに…。こんな落ちが待っていたのでした。

外は暗く、とても寒かったので、歩いて帰るのは中止。バスでまっすぐ帰宅しました。風邪からの復帰第1日目でしたが、構内ではクラスメートや色々な人に出会い、言葉を交わしてなんとなく元気をもらいました。今日は、とりあえず明日のセミナーの準備をもう少し進めようと思います。
[PR]
by gwenlondon | 2006-02-23 09:02 | 生活
<< ロンドンの大学院生の生活費(前編) セミナーをさぼって取り組んだこ... >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon