カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
春節のチャイナタウン
今日は旧暦のお正月。ロンドンにしては珍しく、青空の広がる日曜日でした。
散歩したいと思いつつも、そうは言え、金曜日にエッセーの提出期限があるため、図書館に行く"途中"で、ロンドンのチャイナタウンへ行ってきました。場所はLeincester Street駅の近くです。

a0055525_70853.jpgバスを降車後、まずトラファルガー・スクウェアー(Trafalghar Square)へ向かったのですが、その向かう途中から人だかりがすごくて、道路も渋滞気味。やっとトラファルガー・スクウェアーに着いたものの、広場で中国舞踊か何かをしていて、人・人・人。大変な賑わいで、道も歩けないくらいです。そのため、道路を歩く人もいて、おまわりさんが神経を尖らせていました。春節はロンドンでも大人気なのですね。屋台まで出ていました。

a0055525_762752.jpg
そこで、干支の戌(中国では"狗"らしい)の飾り物を探したのですが、片足や首がもげかかっているとか、目がないとか、普通の犬が見当たらなかったため、泣く泣くドラゴンを購入。これはこれでかわいらしくもあります。口の中には玉が入っています。

a0055525_732737.jpg
途中で爆竹の音を聞きながら、中華街に向かいました。火事のように空が真っ白。音も大きかったです。フラットメートによると、大きな音で悪いものを払うという意味があるそう。

中華街へ到着。春節と言ったら、獅子舞を見ないと! と思っていたら、やっていました。黄色、ピンク、緑色の獅子3頭が分かれて色々なお店の前で飛び跳ねて踊っています。

フラットメートによると、獅子舞には、悪いお化け(霊?)を追い払うという意味があるだそうです。太鼓やシンバル、爆竹の賑やかな音で悪いものを払い、しめくくりに獅子がキャベツを食べるそう。そして獅子は商売繁盛をもたらしてくれるそうです。

飛び跳ねて踊っているところは、動きが激しかったため撮影できませんでしたが、肝心の、お店の前に飾られているキャベツと紅包(お年玉袋みたいなもの?)をキャッチするところはよく見えました
a0055525_711054.jpg
おいしそうなキャベツと紅包を見つめる獅子

a0055525_7145953.jpg
辺りを気にして見回す獅子。

a0055525_791984.jpg
そして一思いに!!

a0055525_7165845.jpg
パクリ。むしゃむしゃむしゃ…。

a0055525_7173817.jpg
さぁ、次のお店に福を運びに行こう~。

素晴らしかったです。こういう伝統芸能をずーっと守ってきて、しかも異国にいようがどこにいようが、こういうイベントを必ずするって、すごいことですね。横浜の中華街で獅子舞を見たことがありますが、その時のリズムや音楽と、そのまま同じだったのも感動しました。受け継いでいる若者も偉いですね。

中華街は、メインストリートも大にぎわいでした。春節のお祭りだというのに、中華街にいる人たちの半数以上は、英国もしくは欧州の方といった雰囲気でした。(ちなみに、昨日の春節大晦日に開催された、フラットメートの所属する法学部春節パーティーには総勢80人が参加。その大半が中国の学生以外だったそう。)もちろん、ここは英国なので、英国や欧州の方が多いのでしょうが、中国の文化にこれだけの関心を寄せているのか、それとも休日だから遊びに行こうかというノリなのか。肉まんをほおばっている彼らを見てまた、何だか嬉しい気持ちになりました。

その後、サツマイモのお饅頭と緑豆のお饅頭、カリフォルニア米を購入して、大学院へ向かいました。途中ZARAがあり、そこでセーターを購入。このセールシーズンで初めての服のお買い物をしました♪ありえないくらい安かった☆☆☆ALDOでステキなロングブーツも見つけたのだけど、マイサイズは一般的なため売り切れ。

コベントガーデンから歩いて5分程の場所にある大学院へ戻り、課題図書を借りたり読んだりして、帰宅したのでした。

帰宅後、フラットメートが各自部屋に閉じこもっていたようなので、外出中の1人を除いた全員をキッチンに誘って、買ってきたお饅頭を切り分けて、お茶しながらお話したのでした。春節は彼らにとって、家族や友人と温かく過ごすものなのだからね。私も一緒に団欒できて、楽しかったです。フラットメートが5人も集まってお茶をするのは、こちらに引っ越して来て以来、初めてのことでした。

春節について詳しいサイトがBBCにありました。こちらから。
[PR]
by gwenlondon | 2006-01-30 07:56 | ロンドン一般
<< 大学院生って、若い… 過年(旧暦の年越し) >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon