カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
過年(旧暦の年越し)
今日(1月28日)は旧暦の大晦日です。
フラットメートが全員中国系なので、今晩はフラットの人たち+そのお友達(全員大陸から来た人)で、餃子パーティーでした。

餃子は、春節を過ごすのに欠かせないものだそうです。春節には、出稼ぎに出ている人も皆んな帰省し、家族みんなで餃子を包み、テレビを見ながら過ごすそう。

a0055525_9502182.jpg餃子は2種類。
・白菜、豚肉、マッシュルーム
・にんじん、豚肉、マッシュルーム
聞くところによると、具の中身は各家庭により違うそう。湖南省出身の女性によれば、中国で餃子屋さんへ行くと、100種類以上の餃子があるそうです。
皆と一緒に白菜やにんじんをみじん切りにして、買ってきた餃子の皮で包み、茹でて、いただきました。

にんじん入りは美味しくなかった~(正直)。
でも、白菜入りの定番の方は美味しかったです。

水餃子よりも焼き餃子が私の好みではあるのですが、本場は水餃子とのこと。しかも茹で汁まで飲むことを知りました。

a0055525_954353.jpg餃子を一通り食べ終え、会話を楽しんだ後、トランプゲームをして、一部解散。しばらく一緒にいたけれど、中国の方が台湾の人に、台湾の政治について熱心に質問していて、お先に失礼してしまいました。
(食事中の写真。壁には、中華街でよく見るような赤い紙でできた飾り付けがなされています。皆んな中国の人たち)

ちょっと面白いな、と思ったことを1つ。
私の部屋の隣の部屋にいる男性が、この寮内の中国ソサエティーのリーダー格なのですが、今回の年越しであれ、何であれ、何かイベントがあるとこのフラットに友人を連れてきます。それも沢山。そして、餃子の具材、飲み物、お菓子、壁の飾りつけのものなど、何もかも自分で買ってきて、皆んなにお金を出させないのです。

a0055525_10504.jpg不思議。学生なのにね。まぁ、お金持ちなのだとは思いますが、そういう問題ではなく、リーダー格の人は何もかもお金を出してゆったり過ごすのが中国的なのでしょうか。日本で学生がクラブ活動で集まっても、たいていが(傾斜割とか均等割りとか色々あるでしょうが)割りかんでしょう。だけど、誰も彼がお金を出すことに対して、疑問を持っていなくて、「いくらか出したほうが良い?」とか聞く人もいない。これは文化なのか、それとも私の周りの中国の方だけかしら。と、関心を持ったのでした。

明日29日は旧暦のお正月、周囲の人の雰囲気がお祭り騒ぎなので、この前の2006年1月1日よりもずーっと特別な雰囲気です。フラットメートから、ラッキーチャームみたいなものももらい、ちょっぴり私も春節を楽しんでいるのでした。このラッキーチャームの中心の飾りは双魚なのですが、いつでもつながっていますようにという意味ですって。
[PR]
by gwenlondon | 2006-01-29 09:50 | 生活
<< 春節のチャイナタウン Asian Values セミナー >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧