カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
新しい行きつけ"Waitrose"
今日のロンドンは日中最高5℃、最低1℃(or less)くらいでした。

午前から午後まで、集中して勉強した後、タワーブリッジ(Tower Bridge)やセント・キャサリン・ドック(St Katharine Docks)付近を散歩しました。タワーブリッジの中央付近には、橋の完成年や橋に関する説明があってそれを楽しんだり、また、寒い中、元気に飛び回るカモメを観察し、いたずらっ子でひょうきん者の顔立ちをしていることを確認したり、橋の近くに停留しているHMS Belfastという第二次大戦で活躍した巨大戦艦を眺めたり、テムズ川北岸にあるロケット型のビルがSwiss Reという会社のビルだということを知ったり。ご近所は、目をつぶっても歩けるくらい慣れてきたと思っていたのですが、まだまだ知らないところが、寮の近所にもたくさん残っているものなのだということを発見し、嬉しかったです。ご近所さんについて、いずれサイトに説明を載せたいものです。

タワーブリッジからほど近い場所に、昨年12月7日、Waitroseというスーパーができたと聞いていたのですが、これまで道路沿いを25分ほど歩くのがいやで行ったことがなく、今日ついでに行ってきました。セント・キャサリン・ドックの中を通って、スーパーまで行ける事も発見したのでした。

スーパーといえば、TESCO、Sainsbury's、M&Sしか使ったことがありませんでしたので、Waitroseは初耳です。そちらは元々、Morrisonsというお店だったのが閉店となり、Waitroseが移転してきたとのこと。フラットの学生から、品質と値段は、Sainsbury's と M&Sとの間ぐらいと言われていったのだけど、とても良かったです。

まずは、スーパーの中。とってもキレイでした。品物が整然と並んでいて、品数もタワーブリッジやSt. Pauls Cathedral前のM&S、Cannon Street沿いのTESCOとは比べ物にならないくらい。品物の鮮度もよく、TESCOの疲れきった雰囲気の野菜とも違い、ピチピチでした。トマトlooseも燃えるような赤色でした。リコピンがたくさん含有されていそう☆ そして野菜の種類の多いこと。白菜やチンゲン菜を見て懐かしいと思ったり、スープ用にカブを買ったり。

固形スープといえば、これまでどこへ行ってもチキンコンソメしか見当たらなかったのが、こちらには多数の固形コンソメ・キューブがありました。ビーフ、チキン、ポーク、ハム、ベジタブルの5種類をクノールは出しているのですね。ビーフ以外を一通り購入、この冬を色々な味の野菜スープで乗り切れそうです。

もちろん、鮮魚などのフードカウンターも充実。チーズの量り売りコーナーの種類の豊富なこと。そして、ケーキコーナーもありました。これは初めて。ケーキコーナーなんて、Harrods以来です。

品数の豊富さと品質の高さと同時に、ポイントが高かったのは、店員さんがとても丁寧だったこと☆鮮魚コーナーで立ち往生すれば、色々な魚の調理方法を教えてくれたり、親しみやすかったです。

お値段的にはSainsbury's と同じくらい。でも清潔感と野菜の鮮度は格段上です。Waitroseブランドの品物の包装はなかなか可愛らしいので、むしろ日本に、小さなお土産として持って帰ってもよさそう。新たな行きつけスーパーができました♪

帰りには寮から30秒くらいのところにある喫茶店で、そこのご主人にチョコレートドリンクをご馳走になり、45分ほど油を売って寮へ、その後アキさんが、このところ沢山の洋服を買い込んでいたということで、ファッション・ショーをしつつ服のコーディネートを考えたり、ワインとチーズをいただいたのでした。

勉強もしっかりできたし、リラクシングにも過ごせた、満足な日曜日でした。
[PR]
by gwenlondon | 2006-01-23 07:35 | 生活
<< 今年の冒険 第一弾 社会人が大学院生に戻るということ >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧