カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
勉強大変です…
24日火曜日に一本、27日金曜日に一本、そして27日にセミナーで、プレゼンテーションをする人とディスカッションを展開しなくてはならない役目が回ってくるのですが、毎日きついです。

しかも来週火曜日17日には、現台湾の台北市長で、2008年の台湾総統選挙の最有力候補である、国民党の馬英九(Ma Ying Jeou)氏が「アジア太平洋国際政治」にゲストスピーカーとしてやってきます。次の総統になるかもしれない人! もうそれだけで大興奮で、セミナー参加の学生は30人弱しかいないし、質問時間も45分ほどあるから、これから何を聞こうか、寝ても覚めてもそればかり考えています。(←単純?)

台湾関係って面白いのですよ。台湾は東アジアの地理的にもすごく要地で、日本の輸入している石油やその他南アジアより向こうから来る輸入品は、台湾の近くバシー海峡を通ってくるし、アジアで数少ない新日派の台湾が中国に実質的に吸収され、そこが軍事要塞みたいになってしまったら、そこから飛行機で30分弱の距離にある沖縄を初めとする日本の領土が、この要塞と面と向かうことになるわけです。(今は台湾は中国と日本との間にあるクッションみたいなものと考えています。)そしたら、日本はどうなるのだろうという問題。日本の安全保障に猛烈に関わってくるようです。

そこで、次の総統になりそうだという下馬評の方が大学院に来る。もう、どうしよう☆日本から来たものとして、質問しない手はないという感じです。

台湾は国かどうかと考えについて、
台湾島を実効支配し、その土地に住む人が選挙で代表である総統を選び、税収システムを持ち、独自の軍隊を持ち、最近の統計では(セミナーの先生によると)「自分は台湾人である」と「自分は中国人であり台湾人でもある」などを含めて84%が、ある程度「台湾人」意識を持っているところからして、これは実質的な「国」に見える、と思っているところです。ただ、国連に入っていないだけ? でも、国連に入っていないイコール国じゃないという図式は成り立つの?? ちなみに、蒋介石と一緒に国共内戦で敗れて1949年以降台湾に来た外省人と、1949年以前にいた本省人とよばれる台湾人との人口比率は13対87。

うちのフラットメート(ほとんどが中国大陸出身者)にさらりと「台湾ってあなたたちから見たらどう? 国?」と、彼らの反応が分かりきっているアホな質問をしたら、「台湾は中国の一部。台湾が独立したらそれは裏切り行為。台湾の"国歌"なるものを台湾の歌手が歌うことさえも許さない」と、いつもは穏やかな人から、強い怒りの込もった反論を受けました。中国で大人気だった台湾人歌手が、台湾で台湾の「国家」を歌ったことで、即座に中国市場から締め出されたという過去の事例を出し、「この考えは中国人の総意である」とも言っていました。

この怒りの源泉は何なのだろう。ナショナリズム? 昨年中国で発生した反日暴動の時に見せ付けてくれたあのエネルギーと同じ源泉なのかしら。あと、同じ寮の人から、「正直言って中国人全般は、口には出さないが日本が嫌い。日本人は中国人をどう思っているか、誰にも言わないから正直に言って」と初対面で言われたことがあるのですが(もちろん、こんな質問に返答無用)、彼らは日本のアニメやファッションなどポップカルチャーを愛してやまないので、この辺りの彼らの心情を理解したいものです。あと、「中国人の総意」という言葉が気になりました。「日本人の総意」って言葉、私は使ったことないと思う。

それに、私の寮の中にいる中国の学生で、こちらと道で出会えば自転車から降りて挨拶をしてくる人もいるし、中国人全般が日本の人を嫌いという考えはちょっと違うと信じたいところです。

ともかく、台湾問題は、中国との関わりを考えるとき、アジアの安全保障という枠だけでは捉えきれず、各々の国内事情も含めて考えなくてはならないのだと知らされたのでした。
こわっ。

1月22日追加の上記関連興味深いサイト:http://mitsuhiro.exblog.jp/3404926
[PR]
by gwenlondon | 2006-01-15 04:08 | 勉強
<< 少し悲しい、ロンドン生活に「慣... Asian Values、We... >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon