カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
カメラを忘れて最も後悔した日
今日は図書館へ行きました。基本的に家で勉強するのが好きなのですが、どうしても集中するためには場所を変えるべし!と思って。

バッグには沢山の資料が入っていたから、カメラは持っていかないでいいかなと思ったら大間違い!! 今日は写真に収めたいと思った出来事に沢山出会ったのですよ。以下、頑張って記述してみます。

1) Queen's walkでの絵売り
寮から歩いて1分以内にあるタワーブリッジ(このサイトのトップ右にある写真)のふもとにある、Queen's walkという道で、おじいさんが絵(原画ではなくコピー)を売っていました。色々な種類があり、ほとんどが、タワーブリッジとその付近の景色、ウェストミンスター寺院、国会議事堂を描いたもので、色が塗られているもの、鉛筆でかかれたものなどが歩道に立てかけられていました。おじいさんが絵を広げて売っている様子はロンドンの街角らしい雰囲気を出していたので、写真を撮りたかった…。絵は1枚1ポンドからというGood price! ステキな絵が沢山あったので、物色していたら、私がサクラになったらしく、すぐに数え切れない人が絵を囲みだし、次々と絵を買っていったのでした。私のお部屋の壁2面が白色の壁で、片方の壁にモネのポスターが貼ってあるだけで、とてもシンプルだったので、3枚組3ポンドの絵を購入しました。(どんな絵かは、このブログの最後を参照!)

2) 石になった人間
さらにミレニアム・ブリッジに向かいます。日曜日なのでブリッジの向かいにあるテート博物館(TATE museum)前は人だかりで、それらの人々を対象に様々な人が物を売ったり、音楽の技術を見せたりします。その中でも、ブリッジのふもとの部分で、頭からつま先まで、全身にななめのしましま模様が描かれた人間が、銅像になったフリをしていました。血走った目をまばたきもさせず、手を前に差し出して手首を垂れ下げた状態で微動だにしないしましま人間。遠くから見たら立派な銅像です。あまりにクールで感動したので、小銭を箱に入れたら、機械のような動きで投げキッスをしてくれました。ちょっと幸せになりました。

3) "鳥を呼ぶ笛"に関心を示すハトの群れ
ミレニアム・ブリッジとその下を交差する歩道との高さの距離は5メートルほどありますが、その橋の下で(たぶん)モンゴル系の人が"鳥を呼ぶ笛"を販売していました。竹でできている、とてもシンプルなつくりのこの笛は、週末のミレニアム・ブリッジ付近で売り出していて、売りコのお兄さん(≒オジサン)は、「鳥を呼ぶ笛 2ポンド」と書いたダンボールの看板の後ろで「ピーピロピロロロ…」という本物の鳥の鳴き声みたいな音色を鳴らし、観光客を目を惹きつけています。特に子どもが欲しがっているのを見ます。
これまで、「本物の鳥はこんな音色にだまされるわけない。」と思っていたのに!!今日、10羽以上のハトの集団がミレニアム・ブリッジの手すりに部分に固まっていて、橋の下にいるオジサンを見つめていたの!! まるで井戸端会議でハトたちが、「ねぇ、あの鳴き声、私たちの仲間かしら?」「でもあれは人間よ。」「そうよね、おかしいわよね。」という感じの会話をしている雰囲気でした。これにはさすがにビックリしました。「鳥を呼ぶ笛を鳴らすおじさんと、おじさんを眺めるハト」の様子を写真に取れないのは残念。というか、来年の夏、帰国する時に、笛を1つ買って帰ろうと固く誓いました。

4) 見たことのない鳥2種類を見かける
ミレニアム・ブリッジを渡りきり、テムズ川沿いをさらに西を目指すと、途中で25メートル四方のこじんまりとした公園があります。そこに尾が長い鳥と、チョコレート色でちょこまかと動く小さな鳥を発見しました。多分はじめてみる鳥です。チョコレート色の鳥は私が近づくと、逃げて、私の背後に回るなど、不思議な鳥でした。もしかしたら遊んで欲しかったのかな。でも、ここで私が鳥と追いかけっこしだして、変なアジア人と思われても困るし、やめました。

いつも歩いている道なのに、週末だというだけで面白いものを見つけることができました。こうやって街に目を向けて観察すると、幸せな気持ちになれますね。カメラは毎日持ち歩かないとね、でも上記以外も面白いものを見かけたのですが、今日ほどカメラを忘れて後悔した日はないです。明日からは毎日持ち歩かないとね。

そろそろ勉強に戻ります。これから2週間の間に、エッセー2本とプレゼンテーションを終わらせなくてはなりません*ため息*。

~写真展示会~
a0055525_635312.jpg←タワーブリッジとロンドン塔(Tower Bridge & Tower of London)

a0055525_6354596.jpg→国会議事堂とビッグ・ベン(国会議事堂の時計塔)(Palace of Westminster & Big Ben)

a0055525_635589.jpg←ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)イギリスの王や女王の戴冠式や王家の結婚式が行われるそう。

a0055525_6362036.jpg→初公開! 部屋に飾ってみました。

a0055525_6363348.jpg←大学院のカフェで、ロンドン到着1週間後に買ったモネのポスター、4.5ポンド。

a0055525_657093.jpg→これはブルータク(Blue tac)。壁にポスターを貼るときに使う、粘土みたいなもの。大学院内と私の寮内の壁は、セロハンテープや釘を使用してはならいため、ブルータクが一般的。結構便利。
[PR]
by gwenlondon | 2005-11-28 07:10 | ロンドン一般
<< 平和的な(=事件のない)今日を... ロンドンの中心街を巡る おまけ >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧