カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
資源のとらえ方
今日(水曜日)のロンドンは晴れ。空気は乾燥しています。

このフラットで生活するとフッと思うのですが、私のフラットにいるA国からの学生たちは、資源は限りのないものとして認識しているようで、ここに文化の差(?)を感じることがあります。

例えば現在、電子レンジが壊れているのですが、凍らせた手羽先を解凍するため、お湯が出る水道の蛇口を開きっぱなしにして手羽先をさらしておく。解凍に関わらず、蛇口が開いたまま放置された状態を朝発見することもあるし、お風呂であれ、トイレであれ、電気は必ず付けておく。ビンや缶の資源の分別をしないで捨てる。冷蔵庫の扉を半開きのままにしたり、IHのクッキングヒーターを一晩付けっぱなしにする(←単に忘れただけなのか??、でもとてもひんぱん)。

先日、寮から寮生全員に対し、メールが届きました。ロンドンでは電気代がすでに75%上昇していること、また2006年6月にはガス代が80%上昇するとのこと。そのため、寮内のヒーターの使用時間はすでに減らしているし、できるだけ省エネに努めようという話。

でも、飛ぶ鳥を落とす勢いの経済成長を享受し、消費がスタイルのA国から来た学生とは関係ないみたい。彼らに囲まれて生活すると時々、もしかして私の資源に対する基準が変なのかしら?!、それとも資源とは何かというとらえ方の部分で違うのかしら?!、と思うことがあります。でも、フラットにいる、非A国語圏の人間は私1人。マイノリティーなので、あまり意見すると怖いし、黙るしかないのでしょうね。とりあえず早く電子レンジが直ることを祈りつつ。
[PR]
by gwenlondon | 2005-11-24 00:03 | 生活
<< 1クリック=砂糖/塩1カップ ロンドンで「和」を体現する >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧