カテゴリ
ロンドン一般
勉強
生活
Experience UK
ワールドカップ 2006
自己認識
試験期間中...φ(。。;;)
今日の出会い
ボローマーケット
グラスゴー
グリニッジ
統計から垣間見るイギリス
クリスマス2005
自己紹介
ロンドンはただ今…
ライフログ
勉強の合間の気分転換
今週はほとんど部屋に閉じこもり、本やジャーナルを読んでいたのですが、何気に気分転換もちゃんとしているのですよ~。

私的5大気分転換は、
1) 友人や同僚などからのメールへの返事
2) 近所の散歩
3) eBayでのウィンドーショッピング
4) お買い物
5) 寮にいる日本人との会話
です。

1) については、基本的に平日はセミナーへの参加準備、登校などでとてもじゃないけどメールできないので(ブログを書いているくせに何事だ!と言われたら、ひたすらm(_ _:)mのみです)、週末にまとめて友人や会社の同僚、大学時代の教授にメールをしています。英語で読書していたところでいきなり頭を日本語環境に変化させるのが大変なときもありますが、やはり自分の母国語で自分を表現できるは楽ですし、心地よいですね。

2) の散歩ですが、寮の周辺の環境が良いため、本当によい気分転換になります。以前も書きましたが、私の住む寮はタワーブリッジから歩いて3分、ロンドン塔(夏目漱石の作品にもありましたね~)まで歩いて10分、テムズ川沿いのQueens Walkまで歩いて3分ほどの、いわゆる観光地です。夜歩きたくなったときには、同じ寮に住んでいる日本人の男友達アキさんに電話をかけて散歩します。a0055525_9304285.jpgアキさんは近所の酒屋でビールを1本買ってのみ歩きをするので、元々はお酒をほとんど飲まないのですが、私も一緒にちょっとだけアルコールが入っているバカルディー・ブリーザー(Bacardi Breezer)を1本買います。飲みながら冷たい風を浴びて散歩すると本当に気持ちが良い! 東京じゃお酒のビンを持って飲みながら歩くなんて、絶対できない! なのにここではできてしまいます。旅の恥は掻き捨てというわけではないのですが、町の雰囲気がそれを許してくれている(ような気がしている)のです。一緒にQueens walkまで行き、美しくライトアップされたタワーブリッジをロンドン市役所前から眺めると、何もかもがちっぽけなことに思えるし、ロンドンに何しに来たのかを思い出させてくれます。


a0055525_952375.jpg
タワーブリッジのたもとにあるQueens walkから撮影した、対岸のロンドン塔

a0055525_95464.jpg
へんな丸い形の建物はロンドン市庁舎









3) eBayでのショッピング
これは私の中で大流行中です。おしゃれなものが安価で買える! 買わなくても色々な商品が写真で一挙に見れる!
ロンドンは基本的に物価が高く、東京並みか、それ以上かと思います。一例を挙げると(1ポンド=100ペンス=約209円):

・バス:Oyster card(東京でいうスイカ)を持っていれば80ペンス(以下、ペンスは「p」と略)、持っていなければ1.20ポンド
・地下鉄:初乗り(一区間)2ポンド(スイカを持っていれば1.70ポンド)
・TESCO(大型スーパー、日本で言うダイエーのような感じのもの)で販売しているフツーのシャツ22ポンド
・寮の近所の小売商店で販売するバナナ1本:30p
・Barの自動販売機で売られているタバコ:5.80ポンド(!!!…私は吸わないので実害はありませんが~)
・トイレットペーパー2巻:68p

もしかしたら、ここに来て1か月半しか経っておらず、地元の人が知っている買い物する場所をまだ知らないから高いのかもしれません。服は特に、品質も良くなく、デザインも何もないので、そのお金を払うだけの価値を見出せないのです。寮にいる知り合いたちも、クリスマス休暇はユーロスターに乗って、フランスでセール品を探すと言うくらい。あまりおしゃれをする習慣がないのかと言えば、そうではなく、街を歩けばスカーフで一工夫をする人も結構いるので、おしゃれの意識はあるようです。ただ、シンプルな服装にアクセントを付けるという感じなのかもしれません。

安い食材もないわけではありません。生活に必ず必要なものは安いです。牛肉は安いね。あとミルクは1ピント(1 pint=約0.568リットル。とても面倒な単位…)32pだから、安い方? ゼイタクをしなければ普通に生活できるということでしょうね。

本題のeBayについて、eBayはオークションサイトの名前です。各人が売りたいものをネットオークションにかけて、欲しい人がそれに値段を付けていくというシステム。
今日はジーパンを2本も買ってしまいました。
a0055525_96394.jpga0055525_964852.jpg











東京からは青いフツーのジーパン1本しか持って来なかったから、良かったです。しかも新品のGUESSジーンズなのに、輸送料込みで1本1400円と2000円でした☆サイズは24インチなのですが、お店では見つけづらいのに、ネットでは沢山出回っているのですね。しかも、支払いは郵便為替でできるので、安心☆

4) お買い物
基本的に、週末に一週間分の食糧の買出しをしています。TESCOというショッピングセンターが、歩いて35分の距離にあるので、そこで野菜を中心にまとめ買い。帰宅したらブロッコリーやインゲン、絹さや、ほうれん草などをサッとゆでて、冷ました後冷蔵庫に保存し、小出しに使っています。料理が面倒なときはブロッコリーをレンジでチンして、トマトをざく切りにし、マヨネーズをかけて簡単サラダにしたりして。楽チンです。下記サイトが野菜の冷蔵保存と下茹でについて詳しく書いているので、1人暮らしの人には特にオススメ。
野菜の旬
野菜の冷凍方法

5) 寮にいる日本人の学生との会話
本当に勉強する気がなくなったとき、誰かとお話したいときは、この寮にいる男友達のアキさんやヒロさんに電話してしまいます。彼らも同じ気持ちになったときには電話をくれるのでお互いさまなのです。基本的に仲の良い日本人は2人いるので、特に週末金曜日は誰かの部屋に3人でだらだらと、ビールやバカルディーを飲みながら、各々の勉強で詰まっている問題について相手にふっかけて、アイディアを出し合ったりしています。

最近は学部生のユウさんとも知り合いになったので、来週にも一緒に食事できたらと思っているところです。

別に日本人だけとグループ行動をするつもりではないのですよ。他にも色々な国籍の寮生と知り合いになっています。ただね、時には、同じ言語や文化、習慣を持つ学生と集まり、議論を交わしたりすると、互いにどんな勉強をしているか、どう頑張っているかを感じあえるし、それはそれで良い刺激になるものです。お酒を飲みながら切磋琢磨って感じです。

そして、日本にいる家族やluv、友人の助けだけではなく、現地にこんな仲間たちがいるおかげで、元気に頑張れるのかなと思ったりして、この2人にはとても感謝している次第です。きっと1年のロンドン生活が終わったときには、彼らと夜中(朝?)4時まで語り合った日々を思い出して懐かしむことになるのかなと気が早いけど思ったりします。
[PR]
by gwenlondon | 2005-11-07 09:49 | 生活
<< Post Office ~ 英... 本に溺れて… >>
トップ

ロンドンに留学していた大学院生です。こちらで見た面白いもの、経験を記録してきましたが、帰国により、ロンドンからの発信は終了となります。これまでありがとうございました。m(_ _)m
by gwenlondon